2008-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱高下確実ですね!どの通貨が嫌気されるのか! - 2008.09.30 Tue

金融安定化法案が米・下院本会議で否決されました。

明け方このニュースを見た時は、正直ビックリしました! まさか否決されるとは思っていなかったので。

ブッシュ大統領の身内、共和党の方が反対票が多かったというのも意外でした。 指導力低下が露呈した格好です。

米・下院も選挙がまじかなので、国民世論を気にした政治的判断が否決の一番の理由のようです。

金融機関に対しての公的資金による救済に反対する気持ちは十分に分かるのですが、このまま放置しますと実態経済にも波及して一般企業にも倒産などの悪影響などが出てきます。

その時に公的資金を投入してもすでに遅すぎると思うのですが。 

米国の議員は日本の議員などと違ってもっとマーケットを見て政治をしていると思っていたのですが、あんまり変わらないようです。

これからなんですが、再度、金融安定化法案の成立に向けての動きがあると考えられます。 反対票を投じた議員もNYダウの-777ドルの下げや世界同時株安を見て気も変わるかとも思われます。

為替ですが、昨日の騒動にもかかわらずドルは全面安になっていません。

オランダのベルギー系大手銀行のフォルティスへの総額112億ユーロの公的資金投入、英・住宅金融機関ブラットフォード・アンド・ピングレーの一部国有化などの欧州金融危機が嫌気されています。

被害が見えている米国より、被害が見えていない欧州の方が不安視されているようです。

リスク回避の円買いなどが活発になりそうですが、今週の為替の値動きは分かりづらいですね。 ただボラティリティ(変動率)はあると思うのでデイトレには旨みがありそうです!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【月間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍
  
スポンサーサイト

金融安定化法案、大筋合意!次に注目されるテーマは何か! - 2008.09.29 Mon

金融安定化法案が大筋で合意されました。

早ければ29日、遅くとも米議会休会空けの1日には採決される見込みです。

7000億ドルの内、半分の3500億ドルは再度議会の承認がいるとか、買取金額の不透明なところなど問題点はありますが一応の終結を迎えました。

また材料視されるかもしれませんが、今は別のテーマに移行しそうです。 しばらく忘れられていたファンダメンタルズなども注目されそうです。

日本は26年ぶりに貿易収支が赤字になりました。 貿易収支はファンダメンタルズの基本なので相場が落ち着くと円の重石にはなりそうです。

レパトリ*の動きなどもまだまだ活発ですし、今は現金が若干バブルで依然、安全思考の動きがあります。

ポジションの偏りもあるので、反対売買などにも気をつけたいですね!


*(レパトリエーション、海外に投資していた資金などを本国へ戻す事)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FX ZERO←デイトレードされる方は要チェックです! 
 

野村と三菱東京UFJの海外進出は成功か失敗か! - 2008.09.28 Sun

野村ホールディングがリーマンの欧州債券部門買収をめぐる協議は合意には至りませんでした。

野村はリーマン・ブラザーズのアジア部門の買収を、三菱東京UFJ銀行はモルガン・スタンレーの株を最大20%取得する事はもう決まっています。

海外への足がかり、グローバルに展開していく事には大賛成です。 グローバル化していかなければ生き残る事はできないと思います。

ただ、従来のビジネスモデルが崩壊した今、今回の事がプラスになるかマイナスになるかはまだ未知数です。 

野村の場合はアジアへの足がかり、人材への投資なので、自由度・修正が行いやすいというメリットはあります。 時代の変化にも対応はしやすいと考えられます。

若干気がかりなのは三菱東京UFJのほうです。 ある意味他人任せ、モルガンしだいでこの投資は成功にも失敗にもなります。

三菱東京UFJがどこまでリスクを把握しているのか。 把握できていないリスクは管理できません。

しかし、グローバル化への挑戦という面では高く評価はしたいですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←FXならやっぱりここです! 
  

週明け窓空きパターンがまた再現されそうです! - 2008.09.27 Sat

金融安定化法案は週内の成立はなりませんでした。

市場は落胆して週末のポジション整理も絡んで下落するのかとも考えていましたが、NYダウなどは100ドルを越す上昇をし、為替も堅調さを維持しています。

昨日、日本時間の23:00時頃に二度目のブッシュ大統領の記者会見がありました。 「法案成立を急ぐべき」と言った内容が話されました。

市場の関心は、どうやら法案成立から成立の時期や法案の中身などに移ったようです。 成立するのは確実と織り込まれたようです。

昨日はその他に、オランダの大手銀行フォルティスの経営危機が浮上しました。 中央銀行との話し合いなどもなされたようですが、今のところ破綻などはなさそうです。

民主党から28日以内の合意を期待するとのコメントなども出ているので、日曜日に合意、週明けに窓空けというパターンがまた再現されるかもしれませんね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXプライム←強いサーバーと圧倒的な情報力+30種類のチャート分析! 
  

デイトレなど、経験をつけるのにかなり役立ちます! - 2008.09.26 Fri

今日はオススメFX業者さんの新たな試みを紹介します!

マネーパートナーズ」さんが100単位から取引できるサービスを10月6日(月)から開始します!

いままで1000単位から取引出来る業者はありましたが、100単位は初めてだと思います。

最低証拠金は100円からなので、気軽に取引に触れられるメリットがあります。 各社デモトレードを用意していますが、やはりデモでは身に付くものは限られてしまいます。

実際にお金を賭けて初めて取引の難しさなどが分かります。 なので初心者には大変役に立つサービスだと思います。

中級者以上の方にも役に立つメリットがあります。 

一つ目は新しい取引手法を試すのに役立ちます! 実際の相場で試してみたい手法などを気軽に試せます。

二つ目はデイトレなど慣れが必要な手法も損失が小額ですむので慣れるまで行なえます。

実際のお金を賭けるので、デモトレードでは得る事の出来ない経験が得られます! これが大きいです!

良かったら一度「マネーパートナーズ」さんをチェックしてみてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ


 

そろそろ底値が見えてきましたね! - 2008.09.25 Thu

昨日もバーナンキFRB議長とポールソン財務長官の議会証言がありました。

長時間に及ぶ議論が交わされましたが、まだ具体案など法案成立に向けて課題は多そうです。

米ゴールドマン・サックスが投資会社バークシャー・ハサウェイから50億ドルの融資を受けるなど、市場環境も改善の兆しが見えつつあります。

バフェット氏も金融機関は不当に安くそろそろ底値に近いと言う考えから投資を行なったと思います。

米経済が復活するには景気回復するしかないのですが、ゴールドマンやモルガン・スタンレーが銀行持ち株会社に移行したように、従来のビジネスモデルは崩壊しました。

今までのように金融工学を駆使してデリバティブにレバレッジをかければかけるほど儲かるというある種グレーゾーン的なモデルは崩壊しています。

新しいビジネスモデルを作らない事には米経済の復活は難しいと思います。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

信用と実績のセントラル短資オンライントレード←キャッシュバックキャンペーン中!

金融危機への反応が弱くなっていますね! - 2008.09.24 Wed

昨日はポールソン財務長官とバーナンキFRB議長の議会証言に注目が集まりました。

バーナンキFRB議長は再三に渡り経済に対するリスクを強調して述べていました。 

ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、共に早期の成立を望んでいますが、議会での反論もあり週内での成立は少し微妙になってます。

市場はと言うと議会証言に対してそれほどの反応を見せず、金融危機に対する材料視は薄れつつあるのかもしれません。

これからの米政府の対応が気になるところですが、今回の措置は不良資産の買取だけなので若干不十分なところもあります。

バランスシートから不良資産を取り除くだけでは体力のない金融機関などには不安が残ります。 

金融機関への公的資金投入をいう事は避けたいのですが、やらざるおえない時が来るのかもしれませんね。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

一歩進んだ投資家のために 上田ハーローFX ←高スワップ+低スプレッド+格付けBBB+の安全性! 
 

今日もポジションの偏りで動きそうです! - 2008.09.23 Tue

いやー、昨日も荒れましたね! ドルが全面安、特にユーロでの下げが目立ちました。

米政府の不良債権買取機構に最大7000億ドルと言うのが材料視されました。 金融不安払拭にはなるのですが、昨日書いたようにやはり財政赤字拡大が嫌気されたようです。

しかし最近は織り込むスピードが速いですね! そんなにすぐに材料視されるとは。

以前から各国、景気後退くらべで、市場では何かを積極的に買うという動きは非常に少なくなっています。

どこも売りたい物はたくさんあって、買いたい物は少ないというポジションが続いています。

以前、反対売買が出やすい状態なので、ポジションの偏りに注視したいですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

口座開設でINV@STオリジナル「税金ガイド」プレゼント!←くりっく365シェア№1です! 
 

ドルの力がじわじわ弱っていきそうですね! - 2008.09.22 Mon

RTC(整理信託公社)型の不良債権処理機構の原案も20日に発表されて、急ピッチであらゆる対策が講じられています。

ドルの流動性対策も万全になりつつありますが、それが潜在的なドル安要因を作っているって言うのが痛し痒し、辛いところですね。

過去に四度ほど行なった事があるドル高政策を今年3月から行なったおかげでドルは以前力を保っています。

今は景気後退合戦になっていて欧州や豪、NZなども米国に少し遅れて景気後退入りしていますが、減税や政策などを打っているので半年以内にそれなりの効果が出てくると考えられます。

その時に情勢はどうなっているのか。 財政赤字も急拡大するので、何事もなければドルがジリジリ売られそうな展開が考えられそうなんですが。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【月間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍 
 

今週の展望と注意点と基本戦略! - 2008.09.21 Sun

今週の展望を少し書いてみます。

金融不安は一旦は去りましたが、まだ余韻は残っています。 今週も市場動向や株価などに左右される展開が考えられます。

先週に比べて経済指標などにも注目が集まるかと思いますが、やはり米・政府などの動向に注目がいくと思います。

(チェックポイント)
◆24日(水) 23:00 バーナンキFRB議長議会証言
◆25日(木) 01:00 バーナンキFRB議長議会証言 ポールソン財務長官議会証言

トップ2人の議会証言には注意が必要です。 米政府はRTC(整理信託公社)型の不良債権処理機構の原案を20日に発表していますが、具体案などさらなる発言に注目が集まりそうです。

為替の方はクロス円などは下げ幅を取り戻し大幅に上昇しましたが、少し上げすぎかと思います。

ただ、週足などでは下ヒゲを連発しているので上値余地はありそうです。 今週は押し目買いが基本路線になりそうです。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXCMジャパン←スプレッド縮小&ノーディーラーシステム!更なる進化をしました! 
 

どこまで上値余地はあるのか!材料探しが始まりそうです! - 2008.09.20 Sat

いやー、今週は激動の1週間でしたね。

GSE(米・政府系住宅金融機関)を救済したのは先週の話なんですが、何かもうかなり前の話のような感じです。

下げすぎた反動もあってか昨日は欧州株も歴史的な上昇を見せました。 危機的状況は去ったと言っていいですね。

ドル・円などは下げ分を取り戻し、クロス円、ユーロ・ドルなどは下げ分を超える上昇を見せています。

ちょっと急激に上げすぎかとも思いますが、週足などを見ると長い下ヒゲを連発しているのでまだ上値余地はありそうです。

金融危機というテーマが爆弾のように市場を席巻しましたが、いったんの収束を見せたので別の材料探しの動きが出てくると考えられます。

もうしばらくは短期に徹する方が得策かもしれません!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

マネーパートナーズ←高機能チャート&高スワップ&低スプレッド!只今キャッシュバックキャンペーン実施中! 
 

恐怖指数とは!底が見えていました! - 2008.09.19 Fri

今日はVIX指数について書いてみたいと思います。

VIX指数とはCBOE(シカゴ・オプション取引所)のボラティリティ・インデックスのことで、別名、恐怖指数と言われています。

投資家心理を見るのに適していて、これが高水準に達すると底を打つ確立が高まると言われています。

過去の例を見てみると、このようになっています。

◆1997年10月 VIX指数・38.20 アジア通貨危機
◆1998年08月 VIX指数・45.74 ヘッジファンドLTCMの破綻
◆2001年09月 VIX指数・43.74 米・同時多発テロ

分岐点は35と言われていて、そこがいったんの底になりやすいと言われています。

現在は35を切っていますが、今週は一時40を上回りました。 

6ヶ国中央銀行による協調ドル資金供給、SEC(米証券取引委員会)の全銘柄の空売り規制開始、そして米政府による不良債権処理機関の設立の提案など金融危機に対する受け皿は出来つつあります。

いったんの底を打つ条件はそろってきているので、クロス円の巻き返しなども起こりそうな感じですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【月間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍

住宅価格と金融危機!いつまで続くのか! - 2008.09.18 Thu

金融市場は荒れていますね。 NYダウは-449ドルとまたまた大幅安になりました。

サブプライム問題から端を発したこの金融危機を、元FRB議長のグリーンスパン氏は一世紀に一度の金融危機と言っています。

ただ原因自体はシンプルで、住宅バブルが崩壊しただけです。 他に複雑な要素はあまり絡んでいません。

なので、市場の動向も住宅価格がいつ底を打つのかが最大の焦点になっています。 底を打てばこの問題は終焉するとみている考えが、市場関係者の間では多数を占めています。

問題はいつ底を打つかですが、昨日発表された米・住宅着工件数は89万5000戸と1991年1月以来の低水準でした。

問題となっている在庫増も依然として高水準ですが、住宅着工が減るという事は在庫がさばけることに寄与することになるとも見れるので、若干のプラス要因かもしれません。(ちょっと良く考えすぎですか笑)

住宅の長期金利も下がり始めています。 改善の兆候は少しずつ見られてはいるのですが。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FX ZERO←デイトレードされる方は要チェックです!
  

欧米勢がどう反応するのか!今日の注目点です! - 2008.09.17 Wed

AIGへの公的資金投入が決まりましたね。

NY連銀が最大850億ドル(約9兆円)の有担保融資をし、米政府が79.9%の株式を引き取ります。

事実上、米政府の管理下に置かれますが、破綻の危機は去りました。

しばらくの間の資金繰りの目処さえ立てば経営再建は出来る見込みがあったので、どこか民間の手助けがあるかとも思いましたが、この情勢では厳しいですか。

この公的資金投入は已む無しだと思います。 ここが潰れると本当にヤバイですから。

これでいったんの金融危機は去りましたが、これからの展開はどうなるのか。

少し前みたいに各国の景気減速が注目されるのか、しばらく金融不安が続くのか、それとも米国が嫌気されてドルが売られるのか。

欧米勢がAIG救済にどういう反応を示すのか。 とりあえずはマーケットの反応を見てからですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←FXならやっぱりここです!

今後の展開と注意点! - 2008.09.16 Tue

昨日から米国も日本もリーマン一色ですね!

先週中頃から破産の噂は出ていましたが、何らかの解決策は出るのではないかと思っていたのですが。

米国は公的資金投入を拒みました。 ポールソン財務長官は「公的資金投入については一度も考えた事はない」と発言していましたね。

ポールソン財務長官はゴールドマン・サックス出身なので、証券会社の裏も表も知り尽くしています。 なので余計に公的資金投入についての抵抗があったのだと思います。 投資の基本は自己責任ですから。

さてこれからですが、今後の注目はAIGです。 ここが破産しますとリーマンの非じゃない混乱が起こります。

FRBに約4兆円のつなぎ融資を要請していますが、今後の動きには特に注目していきたいです。

為替の方ですが、金融不安の動きが強いですね。 債権相場への資金のシフトが加速しています。

日本のテレビではドル・円だけを見て発言しているのでドル安が言われていますが、ドルは円以外では高くなっています。

今は円>ドル>他通貨になっています。 ただ混乱が落ち着けばドルが嫌気されて売られる展開もありそうですね。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXプライム←強いサーバーと圧倒的な情報力+30種類のチャート分析!
 

相場のエッセンスが書かれています。 - 2008.09.15 Mon

今日はオススメ本を紹介します。

オススメするのは経済アナリストで有名な田嶋智太郎さんが書かれた「なぜFXで資産リッチになれるのか?-上達と成功のためのFX指南書-」です!

田嶋さんが書かれた前著「FXチャート「儲け」の方程式」はチャート、テクニカルに特化していましたが、今回のはそれ+FXの実践で必要な事柄も加えて包括的に書かれています。

内容的には、初心者~中級者向けに書かれていますが、実践で儲けるエッセンスが書かれているので、中級者以上の方もあらためて見直す良い機会になる本だと思います。 

ただ、著者もはじめに「解説が駆け足になっている」と書いてますが、補足的な部分が足らないと言う感じは否めないですねー。 もう少しボリュームがあればベストだったんですが。

しかし、本質的な部分、相場のエッセンスが書かれてあるので、一読する事をおすすめします。

良かったら「なぜFXで資産リッチになれるのか?-上達と成功のためのFX指南書-」を読んでみて下さい!

【オススメ度  ☆☆★★★】 星2つ


オススメ度の目安です!

オススメ度  ☆★★★★ 星1つ 「良ければお読み下さい!」
オススメ度  ☆☆★★★ 星2つ 「読んでおいて損はありません!」
オススメ度  ☆☆☆★★ 星3つ 「読む事をおすすめします!」
オススメ度  ☆☆☆☆★ 星4つ 「投資家、必須の書!」
オススメ度  ☆☆☆☆☆ 星5つ 「あらゆる投資家にオススメできる本!」 

(もともとオススメ本として紹介しているのでどれも良い本なんですが、分かりやすくするためにさらに細かく分類してみました)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

今週の市場を動かす材料です! - 2008.09.14 Sun

今週は重要指標や米・金融機関の決算が目白押しです! ピックアップして書きます!

9月15日(月) 
21:30 (米) NY連銀製造業景気指数 
22:15 (米) 鉱工業生産

9月16日(火) 
10:30 (豪) RBA・議事録公表
17:30 (英) 消費者物価指数
18:00 (独) ZEW景況感調査  
18:00 (欧) 消費者物価指数
21:30 (米) ゴールドマン・サックス・決算発表
21:30 (米) 消費者物価指数
03:15 (米) FOMC政策金利発表

9月17日(水)
未定  (日) 日銀政策金利発表
17:30 (英) BOE・議事録公表
21:30 (米) 住宅着工件数
未定  (米) モルガン・スタンレー・決算発表  

9月18日(木)
21:00 (スイス) SNB・政策金利発表
21:30 (米) 新規失業保険申請件数   
23:00 (米) フィラデルフィア連銀製造業業況指数

それぞれ個別通貨に威力があると思われるので、注意しておいてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

信用と実績のセントラル短資オンライントレード←キャッシュバックキャンペーン中! 
    

二週連続の窓空けもありそうですね! - 2008.09.13 Sat

今週の為替はかなりの乱高下でしたね!

GSE救済で窓空け上昇したかと思えば金融不安ですぐに下げ、リーマン・ブラザーズの買収問題の憶測で上げ下げしました。

一日の値幅も2円・3円は当たり前だったので値幅的にはデイトレ向きですが、ちょっと乱高下しすぎた感じです。

正直、GSE救済で(チャートなども見て)今週いっぱいは上げ相場になるのかと思っていましたが、甘かったですか。 リスク回避+米国マネーの本国への資金回帰の動きはまだまだ大きいようです。

さて、来週はFOMC政策金利を始めとする重要指標、米・金融機関の決算など相場を動かす材料には事欠きません。

さらに、「米政府はリーマン・ブラザーズの売却を9月15日(月)のアジア市場の取引前までに決定させたい」と言うニュースもあり、注目材料の大食い大会のようになってます。

土日の状況しだいでは、2週連続の窓空けも可能性としてありそうですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

一歩進んだ投資家のために 上田ハーローFX ←高スワップ+低スプレッド+格付けBBB+の安全性!

テクニカル分析について! - 2008.09.12 Fri

今日は少しテクニカル(チャートも含む)について書いてみたいです。

個人投資家が投資をするとなると、比率の違いはあってもテクニカルの力を借りなくてはいけないかと思います。

投資スタイル、投資期間、後、合う合わないなどによって使うテクニカルはさまざまだと考えられます。

僕は主に、ダウ理論を基本とするトレンド分析、トレンドライン、エリオット波動論(フィボナッチ)、一目均衡表を使っています。

二次的に、ローソク足、ストキャスティクスなどを使ってタイミングを計ったりしますが、基本は上記を見ています。

ただ、いろいろ見ても答えは出ないし、最終的に損得を決めるのはマネーマネジメントなので、自分に合うのを一つか二つ見つけて精通すれば十分だと思います。

テクニカルが苦手な方も(僕自身も苦手です)、いろいろなテクニカルに触れてみていろいろ試してみてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

月々5000円から始める長期投資。セゾン投信←金融危機の今こそ、しっかりした資産形成のチャンスです! 
  

ユーロ・ドルのテクニカルです! - 2008.09.11 Thu

今日はユーロ・ドルのテクニカルを見てみたいと思います。

ずっと一貫して上昇してきてたので、最近の売り圧力は強いです。

押しや戻しを計るのによく使われているフィボナッチを見てみると、すでに0.382のポイントは下抜けています。

節目もあまりないので、次に注目されるポイントはフィボナッチ0.5の1.3850です。 俗に言う半値戻しです。

後、意識される節目としては、ダウ理論で見てみると2004年12月27日に付けた高値1.3665です。 ここを抜けると本格的になりそうですね。  

さて、今度の値動きは反発するのか、本格的に下げるのか。 後何ヶ月かは売り圧力のほうが強そうな感じはするんですが。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXCMジャパン←スプレッド縮小&ノーディーラーシステム!更なる進化をしました! 
   

今日はリーマン・ブラザーズの決算発表です!材料になりそうですね! - 2008.09.10 Wed

今日も相場は荒れていますね。

GSE救済の威力も剥げ落ちてきているようです。 次はどこが救済されるのかという話が出始めるぐらいですから、もう織り込まれているようです。

今回のGSE救済、アナリストからは遅すぎるとか小出しとかいわれていますが、僕の感覚ではもう1~2ヶ月ぐらい遅くにすると思っていました。

アナリストの評判はあまりよくありませんが、どうなんですかねー。

GSE救済以前から、各国の通貨当局から「米国は少し救済しすぎ」という声が一部出ていました。

このままではモラルハザードを招くと評判が良くないところもありました。

市場はあらゆる期待をするものなので、その考えはよく理解できるのですが、アナリストがそういう考えなのはどうかなーっていう気が少しします。

でも、ディーラーなども短期をメインでしているので、どうしてもこういう考えになるんでしょうね。

今日は前倒しになったリーマン・ブラザーズの第3四半期決算が日本時間の20:30頃に発表されます。 今日はこの結果に大きく左右されそうですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

マネーパートナーズ←高機能チャート&高スワップ&低スプレッド!只今キャッシュバックキャンペーン実施中!
 

役立つテクニカルツールです! - 2008.09.09 Tue

今日は長期トレンドを見るうえで役立つテクニカルツールを紹介したいと思います。

僕が長期トレンドを見るのに使っているのは、月足の21ヶ月移動平均線です!

シンプルなんですが、これがなかなか使えます!

単純に見てもトレンドは分かりますが、より分かりやすくするために終値で移動平均線を越えているかどうかに注目して見ています。

それぞれの投資期間によって応用の仕方は変わってきますが、参考にはなると思います。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ   

「はらみは変化の前提なり」、どこまで変化するのか! - 2008.09.08 Mon

いやー、爆上げでしたねー!

7日にポールソン財務長官が発表したGSEの一部国有化のニュースはやはり効きました。

政局の混乱を避けるために政治日程の間を取って7日に声明を出したようですが、週明けに上がるのが分かっているのに注文が出せないってのはもどかしいですね。

さて、これからなんですが、GSE効果がいつまでもつかに焦点が集まりそうです。 

先週末、クロス円などに大量の売りが入ったように、今は世界経済後退懸念からのリスク回避の動きが強まっています。

GSE救済は世界経済後退懸念には直接的に効果はないので、どこまで影響するのか。

ただ、クロス円やユーロ・ドルなどはチャートを見ると、月足では長い下ヒゲをつけ、週足では今のところ、はらみ線になっています。

酒田秘法では「はらみは変化の前提なり」と言われています。 まだはらみになるかは分からないので、今週の値動きは注目したいです。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←FXならやっぱりここです!
 

原油価格の現状と、これからの値動き! - 2008.09.07 Sun

今日は原油市場について書きたいと思います。

現在は1バレル106.23ドルで、最近は110ドルを挟んだ動きになっています。

急落の動きが強かったですが、最近は一服しています。 そろそろ下値かとも言われていますが、現在の状況はどうなんでしょうか。

◆需給面◆
需給面で見ると、世界最大の原油消費国である米国は、個人のエネルギー消費量はマイカー利用率などの低下などもあってかなり落ち、産業面でも企業は今まであまり関心のなかった省エネに本腰を入れてきています。 経済活動が変わってきているので、下押し要因になると思われます。

ロシア・インド・中国などは、景気が少し悪くなっているので若干消費は鈍るとは思いますが、こちらは中立といった感じです。

◆投機面◆
投機面で見てみると、カルパース(米カリフォルニア州職員退職年金基金)などを筆頭に年金基金が価格を押し上げてきたと言われていましたが、新たに中東を中心とするソブリン・ウエルス・ファンド(政府系ファンド)などが動いていた事が分かりました。

このような動きは産油国自身による価格引き上げとも受け取られかねないので、しばらく動きは鈍る可能性はありそうです。

投資規制については、9月15日に米CFTC(商品先物取引委員会)が報告書を提出します。 内容が注目されていますが、一定の規律はできると思うので、投機活動はやり難くなると思われます。

◆価格面◆
価格面で見ると、やはり1バレル100ドルが節目になりそうです。 産油国なども今の値段がちょうど良いと思っているふしがあるので、下値としては厚そうです。 1バレル100ドルを簡単に割るようであれば一気に急落も考えられそうです。

総合的に、需給面では若干の下押し、投機面では下押し、価格面では下値が厚いので上押しといったところです。 価格予想はしにくいですが、急騰の可能性は低くて、急落の可能性は高そうですね。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ


 

先物取引の未来性について! - 2008.09.06 Sat

今回は先物市場について気になったニュースがありましたので、取り上げます。

大証(大阪証券取引所)は今月3日に世界最大の先物市場を持つ米シカゴ・マーカンタイル取引所との協力協定を締結しました。

相互決済による24時間取引を視野に入れた協定なので、これから利便性なども増し、新しい取り組みにも期待できそうです!

株価先物指数「日経225先物」が大証に上場して20年が経ちました。 2006年7月には日経225先物ミニも登場して、個人投資家の認知度は順調です。

さらに大証は来年にFX取引も開始します。 近い将来、取引所で先物指数も、商品も、為替も、24時間取引できるようになるかもしれませんね!(出来れば現物株も加えて欲しいところです)

一つの口座でそれらを管理できるようになると投資の楽しみも増えそうです。 その時には税金の一律化、一本化もお願いしたいところです。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ
 

注目の米・雇用統計!今日は短期筋はどう動くのか! - 2008.09.05 Fri

昨日は夜に下げましたねー!

米国のADP雇用統計や新規失業保険申請件数などは悪かったのですが、予想からはそんなにズレはありませんでした。

なので最初はあまり材料視されませんでしたが、トリシェECB総裁の「ユーロ圏の経済活動は弱い」や、ユンカー・ユーログループ議長の「ユーロは、ドルや他の通貨に対して依然として実質的に過大評価」と言う発言を受けて、世界経済減速というマインドの勢いが増し、雇用の悪化なども材料視され下げました。

さらに、NYクローズ後の薄商いを狙って短期筋の売り仕掛けがあって、ストップを巻き込み更なる急落を見せました。

さて、今日は大注目の米・雇用統計の発表が21:30にあります! 非農業部門雇用者数の市場予想は-7.5万人、失業率の市場予想は5.7%となっています。

予想より良ければドル買い・クロス円の買い戻し、予想より悪ければ全面安という感じになりそうですね。

週末のポジション整理やリスク資金撤退の動きなども出そうなので、値動きには要注意してください。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ


 

朝の注目ニュースと今夜の重要指標!トリシェECB総裁の会見に要注意です! - 2008.09.04 Thu

今日は気になったニュースについて書きます。

今朝の6時30分頃に速報が入ったニュースなんですが、三菱東京UFJ銀行がリーマン・ブラザーズに対する出資を考えているという内容でした。

リーマン・ブラザーズに対しては以前から韓国産業銀行(KDB)が出資することを提案しているほか、英銀行大手HSBCホールディングスや中国の銀行、あと複数の米有力ヘッジファンドも出資に関心を示しています。

ニュースの真偽や詳細はまだ分かりませんが、久々の良いニュースです!

◆今日の注目材料◆

今日の注目材料は目白押しの重要指標です!

20:00から(英)BOE・政策金利発表(5.00%の据え置き予想)、20:45から(欧)ECB・政策金利発表(4.25%の据え置き予想)、21:30から(欧)トリシェECB総裁会見、23:00から(米)ISM非製造業景況指数(市場予想は49.5)があります。

トリシェECB総裁は前回の会見で金融政策に関して「ノーバイアス」と言っていましたが、政策転換を感じさせる言葉が出るかどうかで為替も大きく動きそうです!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

信用と実績のセントラル短資オンライントレード←キャッシュバックキャンペーン中! 
 

現在の為替市場の動向と、今日の注目材料! - 2008.09.03 Wed

最近の為替は、ドル>円>資源通貨・欧州通貨という構図が続いています。

米国の経済はよくありませんが他国よりマシなのでドルは買われ、円はリスク回避のみで買われ、資源通貨は商品市場の下落+景気減速で売り、欧州通貨も原油下落+景気減速で売られています。

資源通貨・欧州通貨はロングポジションもたまっていたので、その反動も出ています。

もうしばらくはこの流れが続くかと思われます。

◆今日の注目材料◆

今日の為替の注目材料は、原油の情勢と重要指標になります。

原油は1バレル100ドル割れも目前になってきました。 昨日のNYダウなどはきれいに原油と逆の値動きになっていました。

値動きも荒いので、動向には要注意です。

重要指標の方は、22:00(カナダ)BOC・政策金利発表(据え置き予想)と、03:00(米)ベージュブック(地区連銀経済報告)があります。

重要指標に関しては、共にサプライズがなければ為替に影響はないと思います。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

一歩進んだ投資家のために 上田ハーローFX ←高スワップ+低スプレッド+格付けBBB+の安全性! 
 

デイトレするには良い日になりそうです! - 2008.09.02 Tue

今日も為替は激しく動いています。

注目されていた豪・政策金利発表は、予想どうり0.25%の利下げになりました。

0.25%の利下げはほぼ織り込まれていたので注目は声明文でしたが、「追加的な利下げについては毎月の経済動向次第」と、追加利下げについての言及はなく比較的バランスの取れた内容になっていました。

これからの為替動向ですが、米国が3連休明けで本格参戦してきます。 

ハリケーン「グスタフ」がカテゴリー1に下がった事による原油への影響、福田総裁辞任や次期総裁候補などがどれくらい材料視されるか。

あと重要なのは、23:00に発表される米・ISM製造業景況指数です。 予想は50となっていますが、数値にブレが生じると大きく動く材料になると思われます。

デイトレをする方には、今週は良い週になりそうですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

口座開設でINV@STオリジナル「税金ガイド」プレゼント!←くりっく365シェア№1です!
 

今日のNY時間は荒れそうですね! - 2008.09.01 Mon

今日はクロス円など、窓を空けて始まりました。 特にポンドがきついですね。

週末に出たダーリング英・財務相の「英経済は過去60年で、最悪の事態に直面している」と言う発言が材料視されています。

ドル・円などは今のところそれほど下げていませんが、108円台をキープできるかどうかがポイントになりそうです。

今日は米国がレーバーデイで休場、市場参加者も少なくなるので、様子見で落ち着くと見てたんですが、NY時間は荒れるかもしれませんね。

今日は経済指標も特になく、原油・株価動向、あと仕掛け的な動きに左右されそうです。


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXCMジャパン←スプレッド縮小&ノーディーラーシステム!更なる進化をしました! 
 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。