2009-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の重要指標とドル・円の注意点! - 2009.05.31 Sun

今日は今週の重要指標を書いてみたいと思います。 今週は目白押しとなっております。


◆今週の重要指標◆

6月1日(月) 21:30(加)第1四半期GDP、23:00(米)ISM製造業景況指数、時間未定(米)GM再建策の提出期限

6月2日(火) 13:30(豪)RBA政策金利発表

6月3日(水) 23:00(米)ISM非製造業景況指数

6月4日(木) 20:00(英)BOE政策金利発表、20:45(欧)ECB政策金利発表、21:30(欧)トリシェECB総裁会見、22:00(加)BOC政策金利発表

6月5日(金) 21:30(米)雇用統計


見ての通り、各国、政策金利の発表が相次いでいます。 すべて据え置き予想ですが、ここ最近欧州の要人から1.00%が下限ではないという旨の発言が相次いでいますので一様の注意が必要です。

トリシェECB総裁の会見が注目されますが、前回概要を話したカバードボンドの具体案などがどう出るかに注目したいです。

カナダは最近の原油高の恩恵を受けて堅調ですが、実体経済の悪化は避けられません。 GDPの下落幅がどれほどなのかに注目です。

後、米国ですが、ISMは両方とも若干の改善を示すと予想されています。 ただ、金曜日に発表されたシカゴ購買部協会景気指数が予想より大幅な悪化を示しているので、安心はできないようです。

雇用統計は失業率が9%を超えると予想されています。 織り込み済みなんですが9%越えは、やはりインパクトがありますし、雇用統計は予想とずれる傾向があるのでずれた時の衝撃はやはりありそうです。

GM問題も依然未知数ですので、今週は大きく荒れるかと思います。

ドル・円も木曜日に大きく上げ、金曜日に上げた分を帳消しにする下げがあるなど不透明な値動きとなっています。 二本のローソク足を重ねてみると極端に長い上ヒゲになりますので上値は重い印象を受けます。 

木曜日と金曜日のどちらの動きが本当なのかが気になるところなので、週明けの値動きには注意しておきたいですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

エフエックス・オンライン・ジャパン←ドル・円のスプレッド0.9~×約定率99%以上!  
スポンサーサイト

ユーロ・ドルの節目!来週は注目の週になりそうです! - 2009.05.30 Sat

今日はユーロ・ドルを見てみたいと思います。

最近のユーロ・ドルは堅調に推移していて、キーナンバーである1.4000も超えてきています。

この動きがユーロ高からきているのか、ドル安からきているのかの区別ははっきりしていませんが、今後の為替を見るうえでのポイントとなりそうです。

昨日29日の高値は1.4167で、終値は1.4136となっています。上値の節目を見てみます。

◆ユーロ・ドルの上値の節目

1.4191(フィボナッチの0.5、週足の一目・雲の上限、月足の一目・基準線)

1.4627(フィボナッチの0.618)

1.4719(12月15日の高値)

見ての通り、1.4191に三つの節目が重なっています。 昨日もこれに頭を押さえられており、節目としはかなり厚そうです。

ユーロ・ドルの高値警戒感などの話も出てきていますので、これ以上の上げは厳しいのかもしれません。

ただ日足を見てみますと変形の上げ三法が見て取れます。 基本、上げ三法は買い増しのシグナルですので、見逃せないサインになるかもしれません。

一旦、調整が入りそうな気配ですが、1.4191を明確に上抜けると上値は軽いのでもう一段の上げも起こりそうです。

来週はユーロ・ドルにとって注目の週となりそうです。 注意して見ておいてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

マネーパートナーズ←口座開設だけで3000円!最大で5000円のキャンペーン中! 

ユーロ・円、豪ドル・円の節目です! - 2009.05.29 Fri

昨日からクロス円が堅調ですね。今日もその流れを引き継ぐ感じです。

チャートを見ますと、ユーロ・円は週足の一目・雲の下限の手前で、豪ドル・円は週足の一目の雲の中に入っています。

もう少し上値追いをしそうですね。上値の節目を見てみます。

◆ユーロ・円の上値の節目

137.43円(4月6日の高値)

141.02円(フィボナッチの0.5)

141.78円(週足の一目・雲の上限)

147.85円(フィボナッチの0.618)

◆豪ドル・円の上値の節目

79.72円(フィボナッチの0.5)

79.78円(週足の一目・雲の上限)

85.58円(フィボナッチの0.618)

ユーロ・円は141円台に厚い壁が、豪ドル・円は79円台に厚い壁があるので、共に上げても一旦はここまでかと思います。

このまま一直線の上げも考えづらく調整もあるかと思います。 そこら辺も注意しながら取引してください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【サイバーエージェントFX】←ドル・円スプレッド1の実力!安心さと満足度№1!

ドル・円はどこまで上げるのか! - 2009.05.28 Thu

今日の為替はドル・円、クロス円共に朝から買い優勢で上昇しています。

ファンド勢の買いや外貨建て投信設定に絡んだ買いが入ったなど色々言われています。 若干後づけの感じは致しますが。

後、格付け機関S&PがNZの格付けをネガティブから安定的に引き上げた事も材料視されているようです。

ドル・円のチャートを見てみますと、太陽線が出て一目の雲の中に入っています。

上値の節目を見てみますと、日足の一目の基準線が96.80円にあります。 後、上値抵抗線と一目・雲の上限が98円付近にあるので、このまま上昇しても98円付近までかと思います。

ただ、他のテクニカルを見ますと、MACDがシグナルを下から上抜けていますので、ボリンジャーバンドの2σ、100円付近までの上げも想定しておいたほうがいいのかもしれません。

欧州やNY勢が参入してくると動きが荒れてくる可能性もありそうです。 なので気をつけておいてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

セントラル短資FX←トレーダー必見!情報戦を制するサイト「FXライブ」が新登場! 

ドル・円の長期・中期・短期の値動き! - 2009.05.27 Wed

今日はドル・円を見てみたいと思います。

まずは長期的に見てみます。 長期的に見ると2003年~2008年までの値動きは、ほぼ120円から100円の値幅で収まっています。

今は値幅が変わって、110円から90円となっています。 少なくとも後1年ほどはこの値幅での値動きになる事が予想されます。

中期的に見ますと、2008年1月~10月までは110円から100円の値幅での推移で、10月から今現在までは100円~90円となっています。

8ヶ月近く100円~90円でもみ合っていますが、もう少しこの動きは続くかと思っています。

短期的に見ますと、今年の3月から今現在までは100円~95円でもみ合っています。

ボックスにも見えなくないですが、下値はほぼ水平で上値は切り下がってきているディセンディング・トライアングルの形も見られます。

ディセンディング・トライアングルは常に弱気と言われているので、下落のリスクが高まってきているかもしれません。

GMも破綻が濃厚になってきています。 リスク許容度が低下して円買いの動きが出ることも考えられるので、ドル・円にとってはマイナスの要素が多いように見受けられます。

今のところはこのような見方をしています。 よければ参考にして下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←ドル・円2~&高機能ツールFX Vision!FXはやっぱりここです! 

GM問題はどこまで相場を動かすのか! - 2009.05.26 Tue

今日の為替は若干の下落基調となっています。

昨日の記事で書きましたが、ドル・円、クロス円は目先の高値にありましたが、そこを抜けきれずに少し反落の動きとなっています。

市場では北朝鮮の核実験の話などもありますが、やはり気になるのは6月1日に期限をむかえるGM問題です。

その前26日に、債権と株式との交換、債務交換の話し合いが期限をむかえます。 これがうまくいかなければGMのヘンダーソンCEOは破産申請を行なうようですので、26日がGMにとって事実上の期限となりそうです。

債権と株価を交換すると債権の価値は20分の1以下になるので、交渉は難航しています。

投資は自己責任と言いますが、政府が介入しての再建策ですので、債権者保護が出来ていないと市場関係者の間では話題になっています。

クライスラーの時も同じような事がありましたが、クライスラーの債権者は大口が多くそれほどの話題にはなりませんでしたが、GMは小口の一般投資家が多いので問題になりそうです。

破産はかなり織り込まれていますが、織り込まれていない火種が燃える可能性もありそうです。

米国に投資しても債権者は保護されないと言った認識が出て、米国から資金が出ていくといった動きにも発展しかねないので気になりますね。

いずれにせよ、今週はGM問題で相場が大きく動かされそうです。 注意しながら見ておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FX ZERO←デイトレードされる方は要チェックです! 

ドル・円、クロス円のテクニカルポイント! - 2009.05.25 Mon

今日の為替は上下に揺れる展開となっています。16:00現在ではドル・円は堅調、クロス円は始値近辺で推移しています。

日足のチャートを見ると、ドル・円は反発してますがすぐ上に一目の雲の下限95.57円の節目が待っています。

ユーロ・円は134円付近に上値抵抗線があります。 豪ドル・円は上値抵抗線の真下に来ています。

ドル・円の方は上値が重そうな印象を受けるのですが、先週、売り圧力が強かったにもかかわらずそれほどの下げを見せなかったので下値も堅そうです。

クロス円は堅調な動きで、ユーロ・円は雲抜けもしているし200日移動平均線を再度上抜けしているので状況は良いです。

豪ドル・円も200日移動平均線の上ですし、21日移動平均線を節目として押しの動きも見せています。 商品市況が良いのも好材料として働いているようです。

ドル・円、クロス円共に目先の高値付近まで来ています。 一旦反落するのか、さらなる上昇を見せるのか、注目したいですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

すべてのサービスが業界最高水準の『Spot Board』←ドル・円スプレッド1固定!

市場動向と投機! - 2009.05.24 Sun

今週は米国の住宅関連の指標が多数発表されます。

中古住宅販売件数などは年末あたりから下げ止まりの動きを見せていますがまだまだ不安定要素は多いので注意したいところです。

最近またVIX指数(ボラティリティインデックス指数)の話がちらほら聞かれています。

先週にザラ場で27を切り、最近は30前後での落ち着きを見せています。 リーマンショック以前の水準に戻ったと言われています。

平常時の平均が10~20、ここ数年の平均が25~35ぐらいなので依然若干高めですがかなり落ち着きを取り戻しています。

各通貨の一日のボラティリティも年初から比べると平均して10%~20%ほど下がっています。 取引のリスクは少し薄らいできています。

市場の状況としては、先行期待から買い入れていた米株式も陰りを見せ始めています。 これらは投機資金が主導しているので、いずれ閉じられるさだめにあります。

原油も60ドルを超えてきており、若干の投機熱を感じます。 

キャッシュポジションは多く、投資に対する資金と意欲は大きいのでその点は安心材料なんですが、投資先の見定めの難しさから腰の入った資金の流れがないのが難点です。

しばらくは投機主体の取引が続くものと思われます。

明日はNYとロンドンの市場が休場なので市場参加者が少なくなります。 薄商いからの突発的な値動きに気をつけてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】 

トレーダー必須の本です! - 2009.05.23 Sat

今日は久々にオススメ本を紹介します。

今回オススメするのは「ゾーン — 相場心理学入門」です。

売れている本なのですでに読まれている方も多いと思います。 マーケットに対する心理的アプローチが詳しく書かれています。

前回紹介した本同様、トレーディングで儲けるには様々な技術よりもマーケットに対する心理的側面、トレーダーの心のありようが重要と言うことを教えてくれる良書です。

本当の意味でのリスクの取り方、確率的思考の意味、個々の結果のランダム性の認識など、トレーダーがハッキリと認識できていない重要な思考を段階的に理解できて学べます。

自分のトレーディングルールがある程度確立できている方を対象にした本なので、初心者の方には分かりづらい内容かと思います。

それなりの経験者でも読み始めでは腑に落ちないところもあるかと思います。 ただ、最後までじっくり読むとこの本の良さに気づかされると思います。

前回紹介した本もそうですが、一貫して成功しているトレーダーになる為には如何に精神的側面、マーケットに対する心理的な正しい見方や対処の仕方、自身の正しい認識と行動が必要かを教えてくれてます。

トレーダーには必須の本なのでまだの方は是非「ゾーン — 相場心理学入門」を読んでみてください! 自分の中で良い変化が起こると思います!

【オススメ度  ☆☆☆☆★】 星4つ


オススメ度の目安です!

オススメ度  ☆★★★★ 星1つ 「良ければお読み下さい!」
オススメ度  ☆☆★★★ 星2つ 「読んでおいて損はありません!」
オススメ度  ☆☆☆★★ 星3つ 「読む事をおすすめします!」
オススメ度  ☆☆☆☆★ 星4つ 「投資家、必須の書!」
オススメ度  ☆☆☆☆☆ 星5つ 「あらゆる投資家にオススメできる本!」

(もともとオススメ本として紹介しているのでどれも良い本なんですが、分かりやすくするためにさらに細かく分類してみました)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ   

ユーロ・ドルとドル・円の節目です! - 2009.05.22 Fri

今日の為替は上下に振れる展開で、17:00現在ではユーロ・ドルが上昇、ポンド・円が下落という動きが目立っています。

そのユーロ・ドルですが、最近堅調で1.4000目前まで上げてきています。 昨日は米国が株安・ドル安・債権安のトリプル安になっていて、不況の株高、ドル高も陰りを見せています。

気になるのはこの上昇がどこまで行くかですが、日足の一目均衡表の雲入りは確実となりそうなのでその雲の上限1.4191が節目として機能しそうです。

その1.4191ですが月足の一目・基準線も同じ数値ですので、節目となると思います。

ドル・円の方は、二つの節目がある94円前半は破られています。

次の節目は3月19日の安値93.56円とフィボナッチ0.618の92.58円となります。 特に安値の93.56円を見ている市場関係者も多いので、ここが目先の攻防戦となりそうです。

今日は米国の指標もなく株価や要人発言等に左右されそうです。 週末のポジション調整も出るので思わぬ値動きに注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【年間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍 

ドル・円の方向とテクニカルポイント! - 2009.05.21 Thu

きょうの為替は一進一退の動きとなっています。

昨日はFOMC議事録の弱い内容や、ポルトガル財務相の「EU(欧州連合)の財務相はユーロ高について懸念していない」との発言もあってユーロ高・ドル安の流れになりました。

ドル・円も釣られて下げて、再び94円台に突入しています。

チャートを見ると、節目として機能していた日足の一目均衡表・雲の下限(95.03円)を下抜け、下落の方向を示しています。

ただ、94円前半にはフィボナッチ0.5と週足の一目・基準線の節目があり下値として機能しています。

日足の雲の下限が今度は上値抵抗線となりますが、雲自体は上向きなので上値にも余裕はありそうです。

14日の記事でも書いたとおりしばらくは97.50円~92.50円での値動きになるかと思います。

ネックラインへのリターンムーブ(ゆり戻し)も起こっており、やはり基本は売りになるかと思います。 

はっきりとした値動きではなく方向感も分かりづらいので、そこら辺を注意しながら取引してください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

エフエックス・オンライン・ジャパン←FXのパイオニア!2009年CFD取引も開始! 

ユーロ・円の注目ポイント! - 2009.05.20 Wed

今日はユーロ・円について少し書きたいと思います。

まずはユーロ・円のチャートです。
00102r00000z00000z00000z00000z00000z1009011112222212002220222222222000120090520.png
(クリックすると拡大します)

見ての通り下向きのチャネルの形となっており、基本はこの中での動きになるという推測が出来ます。

目先の節目としては、上値の節目は頭を押さえられている日足の一目均衡表の雲の上限131円前半となります。

下値の節目は、日足の一目・雲の下限126.16円と週足の一目・基準線124.75円が機能しそうです。

テクニカル的にはもう少し下値を探りそうな感じですが、市場環境も改善してきてドル安・円安の動きもあり難しいところです。

今はクロス円というよりドル・円の方に注目が集まっており、ドル・円の動向にクロス円も左右されそうです。

ユーロ・円を取引されている方はドル・円にも注意をしておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

マネーパートナーズ←口座開設だけで3000円!最大で5000円のキャンペーン中! 

ドル・円には警戒が必要ですね! - 2009.05.19 Tue

昨日はドル・円、クロス円共に大きく上昇しました。

ドル・円は日足の一目均衡表・雲の下限95.03円が節目として機能し、反発局面となりました。

昨日は杉本財務次官の為替への言及などもありましたが、それほど強い発言ではなかったので上昇への一つのきっかけとして見ればいいかと思います。

ドル・円はネックライン付近まで上げてきていて、テクニカル的には戻り売りを探る局面となっています。

基本的には売り戦略でいいと思います。 ただ、なんとなくもう少し上げそうな気もしますので警戒が必要かと思います。

ヘッド・アンド・ショルダーがボックスに変化するかもしれませんので、注意深く見ておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

トレイダーズ証券←究極のプロディーラー仕様のトレードシステム! 

ドル・円は意外と底堅いですね! - 2009.05.18 Mon

今日の為替は方向感なく上下に振れています。

ドル・円も午前中に94円半ばまで下げましたが、16:30現在では95円台に戻しています。

94円前半には*フィボナッチの0.5と週足基準線の節目があるのでさすがに下げ足は鈍りますね。

95.03円の節目はザラ場では抜けているのですが、終値ではキープしており依然節目として機能しているようです。

もし、今日も終値で割らないようだと一旦の反発局面となりそうです。

今日は重要な指標もないので大きな流れにはなりにくいですが、要人発言やポジション調整などによる思わぬ動きが出そうですので気をつけておいて下さい!

*(ドル・円の節目は14日の記事に書いています。参考にして下さい。)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

セントラル短資FX←トレーダー必見!情報戦を制するサイト「FXライブ」が新登場! 

今週の気になるポイントです! - 2009.05.17 Sun

今日は今週の気になるポイントを書いてみます。

今週は各国の議事録などが発表されますが、水曜日に日本の第1四半期GDPが発表されます。

水曜日の08:50に発表されますが、予想では前期比年率で-16%前後と言われています。

前回の第4四半期GDPは-12.1%でかなりの悪化でしたが、それを大きく上回ると予想されています。

悪くなるのは予想済みで結果はかなり織り込まれていますので、円に対する影響は少ないかと思います。 ただ、数字に大きなブレがあるとインパクトを持ちそうです。

22日(金)のも日銀金融政策決定会合が開かれますが、更なる金融政策が行なわれるのかどうか。

日米では金融政策の規模が違い、マネー供給量の差が大きいです。 これ自体はドル安円高要因ですが、日本は他国よりGDPが落ち込んでいるのに金融政策の規模が小さく、将来的な円安要因として材料視されそうです。

週明け月曜日はドル・円にとっても正念場になりそうです。 95.03円を明確に割り込めば更なる下落が予想されます。 要注意して見ておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←ドル・円2~&高機能ツールFX Vision!FXはやっぱりここです! 

ドル・円は下げるのか!週明けの値動きに注目です! - 2009.05.16 Sat

昨日の為替は全面的に下げています。

ユーロは、(独)第1四半期GDPと(欧)第1四半期GDPが予想より悪化を示し下げています。

ドルは逆に、NY連銀製造業景気指数とミシガン大学消費者信頼感指数が共に好結果となり上昇しています。

ドル高=円高になりやすいので円も上昇し、クロス円は軒並み下げています。

ドル・円はというと、ドル高よりもクロス円の動向に影響されやすいので釣られて下げています。

チャートを見てみますと、*下値の節目95.03円は破られていません。 

ただ、ボリンジャー・バンドは下向きに広がりつつありますし、MACDは0ラインを下回っているので依然バイアスは下向きです。

週明けは95.03円の下値を割るかに注目が集まりそうです。 もし割らなければ来週の値動きはネックラインと下値の節目の間、具体的には98円~95円の間での推移が予想されそうです!

*(下値の節目は一昨日の記事を参照してください)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FX ZERO←デイトレードされる方は要チェックです! 

ポジション整理で大きく動くか!? - 2009.05.15 Fri

今日の為替は朝からもみ合っていましたが午後からは軟調気味になり、15:00(独)第1四半期GDPの悪化を受けて急落しています。

ドル・円は昨日書いた節目95.03円で踏みとどまっています。

ただ、ユーロ・ドルは13日(水)に1.3721の高値を付けましたが、3月19日の高値1.3736は抜けきれず、ユーロ・円も日足の一目均衡表の雲の上限に頭を押さえられていて共に上値は重そうです。

バイアスとしてはドル高・円高の流れの方が強い印象を受けます。

上がる材料も下がる材料も見当たらないといった相場状況になっていますので、どちらにも振れる可能性を秘めています。

今日は週末のポジション整理も出ますので、ポジションの偏りによっては大きな動きもありえます。 思わぬ動きにも注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXCMジャパン←スプレッド縮小&ノーディーラーシステム!更なる進化をしました! 

ドル・円のテクニカルポイントです!下げが濃厚ですね! - 2009.05.14 Thu

今日はドル・円を見てみたいと思います。

昨日の記事でも書いたとおり、ドル・円はヘッド・アンド・ショルダーのネックラインを割るかに注目が集まっていました。

そのネックラインを昨日ハッキリと割り、ヘッド・アンド・ショルダーは完成となっています。 

テクニカル的には、ネックムーブ、一端のあや戻しが起こる可能性もあり、97円付近までの反発も考えられそうです。

ただ、それ以降は下げに転じ90円前半に向かうとのシナリオが考えれます。

◆下値の節目◆


95.03円(日足の一目均衡表の雲の下限)

94.28円(週足の一目均衡表の基準線)

94.27円(フィボナッチの0.5)

93.54円(3月19日の安値)*

92.58円(フィボナッチの0.618)


今は日足の一目の雲の下限95.03円が節目として機能しています。 ここで踏みとどまれればいいんですが、厳しい気がします。

94円前半に二つの節目があるので、この付近で一旦下げは治まるかと思います。

週足には一目の雲も垂れ下がっており上値も重く、しばらくは92.50円~97.50円の間の中での動きになるかと言う気がします。

テクニカル的にはこのようなシナリオが出来ますが、相場の流れは速く予期せぬニュースなどで状況は一変するので、随時シナリオの見直しは余儀なくされそうです。

参考になる部分などがあれば、良ければ取り入れてみて下さい!

*(書き忘れてた下値の節目です。 5月15日に書き足しました)


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】 

ドル・円の節目!勝負どころに来てますね! - 2009.05.13 Wed

今日はドル・円について書いてみたいと思います。

ドル・円は今週に入って一貫して下げてきていて、今日の午前中には96円を切る場面もありました。

ただ、フィボナッチの0.382が95.97円にあり、そこを節目として反発しています。

これからの値動きなんですが、上値が重い印象を受けます。

テクニカルを見ると、21日移動平均線は下向きで、MACDも0ラインを割りそうですし、頭を押さえている週足の一目均衡表の雲も下向きとなっています。

チャートを見るとヘッド・アンド・ショルダーの形になっていて、今はネックラインを割る寸前まで来ています。

今はまだネックラインも割っておらず、フィボナッチの0.382の節目もあるので一旦は上昇するかと思いますが、ジリジリと下値を下げていく可能性は高そうです。

このまま続落するのか、反発を見せるのか、今日の動きは見逃せないです!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

くりっく365ならインヴァスト証券←レバレッジ100倍!くりっく365シェア№1! 

ドルと円の今後の行方! - 2009.05.12 Tue

昨日の為替はポジション見直しからの下げが出て、各通貨大きく下げました。

今日の値動きは、15:15現在までは小動きでもみ合う感じとなっています。 

今日はドルについて少し見てみたいと思います。

ここ最近、ドル安の動きが目立ってきています。 ドルの実効レートとなるドルインデックスは、3月中頃は85を越えていましたが、今は80を割ってきています。

先日ホワイトハウスは、米国の2009年度会計の財政赤字は1兆8400億ドルになるとの見通しを発表しました。

これはGDP(国内総生産)の12.9%に相当する額となります。

米国の財政赤字の拡大は、米国債やドルへの信頼の低下にもつながります。 7日に実施した30年債入札も低調な結果となっており、その弊害は出始めています。

今までは安全資産としてドルが買われていたところがありましたが、市場も落ち着きを取り戻しリスク許容度も増してきているので、巻き返しからのドル安はこれからも出る確率は高そうです。

米国の長期国債の金利も上昇してきており、このまま上昇するようだとドルの下落に拍車がかかりそうな感じですね。

気になるのはドル・円ですが、円はドルに連動しやすく、ドル安=円安となりやすいので、クロス円の上昇に釣られてドル・円も上昇するかと考えています。

これからの基本的な大きな流れはドル安・円安の基調になるかと思います。 よければ気に留めておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【年間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍 

ドル・円、クロス円、共に上値が重そうです! - 2009.05.11 Mon

今日の為替は材料出尽くしから方向感なく推移していましたが、欧州時間になってから下げてきています。

ストレステスト、米・雇用統計後の材料出尽くし相場でどのような動きになるのかと思いましたが、今のところはポジション見直しが出ているようです。

17:45分現在のチャートを見てみると、ドル・円は一目均衡表の雲に入りかけ、ユーロ・円はローソク足がカブセ線の形を、豪ドル・円は抱き線の形となっています。

カブセ線や抱き線は上位で出ると下落のサインになると言われています。 

各通貨、先週の木曜日に長めの上ヒゲも出ています。 上値は重そうです。

ドル・円は先週、クロス円の上昇に比べると勢いがなく、このまま雲入りするようだと100円乗せは難しそうです。

今日は大きな指標もないので、NYダウの動向に左右される相場展開となりそうですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

エフエックス・オンライン・ジャパン←FXのパイオニア!2009年CFD取引も開始! 

今週の重要指標!相場はどちらに行きたがっているのか! - 2009.05.10 Sun

今日は今週の重要指標を書きます。

◆今週の重要指標◆


5月12日(火) 21:30(米)貿易収支

5月13日(水) 08:50(日)国際収支 21:30(米)小売売上高

5月15日(金) 21:30(米)消費者物価指数 22:55(米)ミシガン大学消費者信頼感指数


最近は、米国の貿易赤字が縮小、日本の貿易黒字は縮小という流れが続いています。 基本、貿易が良いと通貨高になります。 日本でも長期的に見ればそうですが、短期で見ると日本は景気が良いと円安、景気が悪いと円高という逆の流れになりやすいです。 貿易は為替の根本ですのでチェックしておいてください。 

米国のGDPの七割を占める小売売上高は、景気を見る上では避けて通れません。 市場予想は-0.1%と前回の-1.2%からの改善が見込まれています。

インフレ率を見るのに役立つ消費者物価指数(CPI)は、前回-0.4%となっていますが、変動率の激しい食料・エネルギーを除くコア指数は+1.8%となっています。 大きな変化はないと思いますが、注意しておいてください。

ここ最近、景気を見る指標の改善が目立ってきています。 ミシガン大学消費者信頼感指数もそれに続けるのかが注目です。

ストレステスト、米・雇用統計とビックイベントをこなし、市場はアク抜きをした状態となっています。 なので、今週は外部要因というより内部要因で動く率が高いと思います。

リスク許容度改善から上値を狙いにいくのか、新たに市場やポジションを見直し反落の動きとなるのか。 市場の方向性はどちらよりなのかをよく見たいですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

マネーパートナーズ←口座開設だけで3000円!最大で5000円のキャンペーン中! 

しばらくはもみ合うのか!豪ドル・円は上値が重そうです! - 2009.05.09 Sat

昨日の為替は雇用統計にらみの展開となっていました。

その雇用統計は、非農業部門雇用者数は-53.9万人と悪いながらも予想より良い数字となりました。

ただ、前回、前々回と下方修正されましたので、ドルにとっては若干の重しとなりました。

市場は米・雇用統計を好感し、リスク許容度の高まりと週末のポジション整理とが重なり上昇、特にユーロが大幅に上昇しました。

気になるのはこれからの値動きなんですが、素直に上昇するのは難しいかと思います。 

リスク許容度は高まっていますが、世界経済は回復にはまだ遠く、兆しを見せている段階なので腰の入った上昇は厳しいと思います。

豪ドル・円などは、商品市場やバルチック海運指数、鉄鉱石関連株などの上昇の恩恵を受けていますが、若干の行き過ぎ、オーバーシュートの感は否めません。

昨日も書きましたが、上値は重く目先は調整も考えられそうです。

もうしばらくもみ合うような展開になると思いますので、どちらにも動けるようにしておいてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

トレイダーズ証券←究極のプロディーラー仕様のトレードシステム! 

米・雇用統計は相場を大きく動意づかせそうです! - 2009.05.08 Fri

今日の為替は16:00現在まではもみ合いの動きとなっています。

今朝のストレステストは事前に内容の一部が出ていたので、波乱無く終わりました。 市場の今の関心事は21:30に発表される米・雇用統計へと移っています。

市場予想では、非農業部門雇用者数は-60万人で前回より若干の改善、失業率の方は-8.9%と前回より悪化するとの見方がされています。

ただ、このような予想はすでに織り込まれていて、市場は今、景気回復の方に関心がいっています。なので、ほぼ予想どうりならばプラスとして受け取られると思います。

チャートを見てみますと、ドル・円、ユーロ・円などは日足の一目均衡表の雲の上限に沿うような形で上昇しています。

ユーロ・ドルも日足の一目の雲に下値を支えられています。

豪ドル・円は勢いがありますが、週足を見ると一目の雲が真上にあり上値は重たくなっています。 

先日の豪・雇用統計は良い結果でしたが、RBA(豪準備銀行)は今後の失業率は大幅に上昇するとの見通しを出しておりますので、これも重い材料となりそうです。

為替はまだ方向感が見えにくいですが、今日の米・雇用統計の結果次第で相場が大きく動意づく可能性もあります。なので要注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

セントラル短資FX←トレーダー必見!情報戦を制するサイト「FXライブ」が新登場! 

政策金利にストレステスト!今日は荒れそうです! - 2009.05.07 Thu

今日の為替は少し方向感なく、16:30現在では各通貨まちまちの値動きをしています。

今日は重要な指標やイベントが多数控えています。


20:00 (英)BOE政策金利発表(現行0.50%)

20:45 (欧)ECB政策金利発表(現行1.25%)

21:30 (欧)トリシェECB総裁会見

06:00(予定) (米)ストレステスト発表


英と欧の政策金利発表後、それとトリシェECB総裁の会見後の値動きは大きく動くと思われるので注意が必要です。

それと明日8日の明け方になるのですが、ストレステストの発表には大きな注目が集まっています。

今のところ、バンク・オブ・アメリカには350億ドルの資本が必要と言われていて、その他シティグループ、ウェルズ・ファーゴ、GMACなどにも資本不足との判断が下されそうです。

バンク・オブ・アメリカなどは今後6ヶ月の間に、民間から資本を集めるようです。

ただ、今回の査定では普通株を重要視していて、優先株は除外しています。 なので、以前政府が公的資金を優先株にして金融機関に投入しているのを普通株に代えれば資本不足は解消されます。

政府の資金を議決権のある普通株に代えるのは一種の国有化になるので、金融機関は極力避けるとは思いますが、最後の切り札になります。

事実、市場では金融システム崩壊の危機が遠のいたとの見方が多数を占めています。

どのような基準で査定したのかと言う疑問はあり、甘すぎる査定と言う声も聞かれますが、それは今後に委ねたいですね。

今日は欧州時間からNY時間終了まで気が抜けない相場展開となりそうですね!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

外為どっとコム←ドル・円2~&高機能ツールFX Vision!FXはやっぱりここです! 

これから大きく動きそうですね! - 2009.05.06 Wed

今日の為替は軟調な展開が続いています。

朝から下げていたのですが、午前中に出た「ストレステストの結果、バンク・オブ・アメリカは340億ドルの追加資本が必要」という一部報道で下げ幅を拡大しました。

その後、午後は反発をしましたが、依然軟調な地合いが続いています。

今日はこの後、21:15から(米)ADP雇用統計があります。 予想は-64.5万人と前回の-74.2万人より改善が見込まれています。

ただ、バーナンキFRB議長は昨日の議会証言で「今後数ヶ月は、一段と大規模な雇用喪失と失業率上昇の公算が大きい」と言っており、今日のADP雇用統計も予想と大きくずれ込むかもしれません。

NY時間は大きく動く可能性もあり、いつもより注意が必要になりそうですね。

後、明日になるのですが、日本の連休が明けて実需が多く出るものと思われます。

仲値に向けてのドル買いなども出そうなので、朝の値動きにも注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FX ZERO←デイトレードされる方は要チェックです! 

ドル・円の今後の値動きと節目! - 2009.05.05 Tue

昨日の為替は方向感のない相場展開となりました。

昨日発表された米・中古住宅販売保留は予想0.0%が3.2%と、建設支出は予想-1.4%が0.3%と共に強い結果となりました。

その結果を受けてNYダウは+214.33と上昇しましたが、ドルは下げています。

ドル・円を見てみますと、日足のローソク足が毛抜き天井の形を見せています。

週足を見てもここ1ヶ月ほど一目均衡表の雲に頭を押さえられています。 上値は重いと言う感じを受けますね。

その週足の雲は99.80円付近にあり、100円手前と言うこともあるので節目として機能しています。

ただ、方向感は分かりづらく目先はもみ合うのかなという気がします。 ボリンジャーバンドも傾きがなくなっており、そのバンドの範囲101円~96円がもみ合いの値幅の目安になりそうです。

下値の節目は、フィボナッチ0.382の95.97円となります。 日足の一目均衡表の雲の下限も95円台となるので、下げても95円台で止まると思います。 良ければ参考にしてください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

FXCMジャパン←スプレッド縮小&ノーディーラーシステム!更なる進化をしました! 

今日はそれほど動きはなさそうですね! - 2009.05.04 Mon

今日の為替はもみ合うような展開となっています。

18:45現在では各通貨、寄り付き付近に値を戻しています。

豪ドル・円はザラ場で4月14日の高値73.51円を抜けましたが、その後は勢いをなくしています。

今日は経済指標もあまり無く、NYダウなどが意識される展開となりそうです。

その他、意識されそうなのは、20:00のECB副総裁のスピーチ、01:30と03:00の米・連銀総裁のスピーチになるかと思います。

今日はそれほど大きな動きにならないかと思いますが、ニュースなど突発的な値動きにも対処できるようにはしておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】 

今週の重要指標&イベント!荒い値動きになりそうです! - 2009.05.03 Sun

今日は今週発表される重要指標とイベントを書きます。 今週は大型のが目白押しとなっております。


5月5日(火) 13:30(豪)RBA政策金利発表(現行3.00%) 23:30(米)ISM非製造業景況指数

5月7日(木) 時間未定(米)ストレステスト 20:00(英)BOE政策金利発表(現行0.50%) 20:45(欧)ECB政策金利発表(現行1.25%) 21:30(欧)トリシェECB総裁会見

5月8日(金) 21:30(米)雇用統計


ご覧のとおり各国政策金利が発表されます。 豪と英は据え置き予想となっていますが、豪に関しては0.25%~0.50%の利下げ観測も一部で言われています。 

欧州は0.25%の利下げが予想されています。 利下げ打ち止め発言や非伝統的措置への発言などが出るかなどが焦点で、トリシェ総裁の会見後は大きく動きそうです。

後は、米国の各指標とストレステストです。 米国の指標は最近改善を示しているのでISM非製造業もそれに続けるのか。

雇用統計の方は悪化が見込まれていますが、市場の状況やどこまで織り込まれているかなどもありますし、数値のブレもよくあるので値動きに惑わされないようにしておいてください。

ストレステストの方は、米大手金融機関19行の内、少なくとも6行が不合格となり資本の増強が必要と判断されています。

資本の増強の中身については、昨年議会が承認したTARPの資金7000億ドルの資金が少なくなっていますので、優先株を普通株に転換してそれを対策として当てる方法が中心になるようです。

対策としては力不足ですが、市場がこれを今後どのように判断していくのか。 発表が7日に延びているので、新たな発表も考えられるので注意したいところです。

今週は日本がGWでもあり、3・4・5日は流動性も低下します。 重要な指標やイベントもあるので、突発的な値動きに振り回されないように気をつけておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

くりっく365ならインヴァスト証券←レバレッジ100倍!くりっく365シェア№1! 

方向感が分かりづらくなってきてますね! - 2009.05.02 Sat

昨日の為替は堅調な値動きで上昇しました。 

今週発表されたFOMC声明文「景気の見通しは、3月に比べると緩やかに改善している」を裏付けるように経済指標は改善を示しています。

シカゴ購買部協会景気指数は前回31.4から40.1へ、ミシガン大消費者信頼感指数は速報値61.9から65.1へ、そしてISM製造業景況指数は前回36.3から40.1へとなりました。

クライスラー破綻も消化しつつあり、5月7日に伸びたストレステストも織り込みつつあります。

市場環境は良くなってきていますが、ただ、その分手がかりが見えにくくなっている感はあります。

堅調に推移してきたクロス円も上ヒゲが出てきているので、上値の重さも感じられます。 

週足を見ると、ドル・円は真上に、クロス円は少し上に一目均衡表の厚めの雲があります。 一本調子の上げも難しそうです。

方向感が分かりづらくどのような動きをするのかわかりませんが、ドル・円は8円、豪ドル・円は10円、ユーロ・円は15円ほどの値幅で上げ下げするかと思います。

それなりの値幅は出るので、自分の相場観や売り買いの相性などと相談して機敏に取引していってください!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

【年間取引高No.1の外為オンライン】スプレッド1銭〜/レバレッジ最大200倍 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。