2010-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米・長期金利とドル・円の関係性! - 2010.06.30 Wed

今日は米・長期金利とドル・円の関係を見てみます。

昨日は典型的なリスク回避の相場となり、ドル・円は88円29銭の安値を付けました。 米・10年国債の金利もここ最近下げ続けていましたが、昨日のリスク回避の動きを受けて3.000を割り、2.947の安値を付けています。

2009年4月に3.000台に乗せてから一度も3.000を割っていないので、今は14ヶ月ぶりの水準にまで下げた事になります。

ドル・円と米・10年国債の金利とは相関関係があり、2009年6月に10年国債金利が急上昇してからはやや乖離ができていますが、今も上げ下げの動きは概ね連動しています。

10年国債金利は一つの節目を下抜け、大きく下げる可能性が出てきています。 あくまで%が高まっただけですので下げるという訳ではありませんが、ドル・円にとってはマイナスの要因が増えた事には変わりません。

大雑把ですが、10年国債金利が0.1動けば、ドル・円は1円20銭ほど動きます。 10年国債金利は2.500までの下げもありえるので、その時はドル・円は約6円ほど下げる事になります。

80円台前半までの下げシナリオは可能性としては薄そうですが、頭には入れておきたい事柄なのかもしれません。

10年国債金利はここ1ヶ月やや急ピッチで下げているので、ここらで一旦踏みとどまる動きも考えられます。 ドル・円を取引されている方は、10年国債金利の動向にも気をつけておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

ドル・円の攻防ライン! - 2010.06.28 Mon

今日の為替市場は落ち着いたスタートとなっています。 

早朝のオセアニア市場では、金曜日の終値近辺での寄り付きとなり、今はやや欧州通貨が買われる展開となっています。

週末に行なわれたG8・G20は、為替に影響する特別な事柄がなかったことから、今のところ影響なしとなっています。

ドル・円を見てみますと、金曜日は安値引けとなっており、週足の一目・雲の下限を下抜けています。 中期的にもやや下落バイアスが強まってきています。

ドル・円の節目・攻防ラインは、上値は週足の一目・雲の下限(90円26銭)が、下値は5月20日の安値(88円94銭)が意識されると思います。

基本、90円26銭~88円94銭でのもみ合いが予想されますが、攻防ラインを抜けると動きが加速する可能性もあるので、上抜け下抜けには注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
  

日本代表、決勝トーナメント進出!! - 2010.06.25 Fri

いやー、日本代表やってくれましたねー!!

僕は2-0と予想していましたが、3-1とはね! やっぱ本田選手は持ってますね!!

次はパラグアイ戦ですが、ここも勝てるので、いよいよベスト8ですか!!うーん、いいね!!

さて、話は変わって為替市場ですが、ドル・円は90円を割れて下落色が強まっています。 NY時間に89円22銭の安値を付けています。

日足のMACDも0ラインに届かず、再び弱気に転じています。 このまま更に下げる展開になる可能性も高く、5月22日に付けた88円94銭の安値が強く意識されそうです。

ただ、NY市場では安値こそ付けていますが比較的底堅く推移し、2時過ぎから急反発しているので、この流れが続けば下落リスクも緩和されると思います。

週足の一目・雲の下限90円14銭を割り、雲を下抜けていますので、今現在は下げですが、再び90円台回復になればギリギリ雲の中に留まれます。 なので、今日のドル・円のポイントは再び90円台に回復できるのか、それとも89円を割るのかになります。

ドル・円も日本代表にあやかって、90円台乗せにチャレンジしてほしいもんです!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
 

ユーロ・円のテクニカルポイント! - 2010.06.22 Tue

今日はユーロ・円を見てみたいと思います。

ユーロ・円の日足チャートを見てみますと、MACDは堅調推移、21日移動平均線も15日に上抜けていることから、上昇にバイアスが傾いている事分かります。

ただここ5営業日は111円60銭~113円40銭のもみ合いとなっており、足踏み状態となっています。

チャート上での重要な節目、攻防ラインは21日移動平均線(111円41銭)になるかと思い、ここで反発するか下抜けるかによって、今日の展開が決まってきます。

反発すれば6月21日に付けた高値113円43銭を目指す展開が、下抜ければ6月5日の安値110円86銭を試す展開になるかと思います。

今日の為替相場は、再び下げだした人民元の影響を受けてドル買い円買いの動きとなっています。 その流れが欧米市場でも続くのかどうかを注目して見ておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

人民元とドル・円のレンジ。 - 2010.06.21 Mon

今日の為替相場は、ドル・円、クロス円共に堅調推移となっています。

19日にあった人民元切り上げのニュースを受けて、週明けの為替市場がどうなるか注目されていましたが、今のところ主だった影響は受けていません。

問題の人民元は、午前中に発表された中心レートは金曜日と変わらずの6.8275元でしたが、その後は6.79台後半まで人民元高となっています。

ドル・円はと言うと、朝方90円割れに近い水準で寄り付きましたが、そこからはショートカバーが出て90円中頃まで回復、午前中に一度91円抜けを試しましたが失敗、午後も底堅い動きとなり、欧州勢が本格参入しだした5時過ぎから再び上昇に転じ、91円を抜けています。

米国勢の参入を見てみないと分からないのですが、ドル・円に大きな変動は起きにくいのではないかと感じます。 前々回の記事(6月18日)に書いたように、しばらくは90円~93円のもみ合いに移行するのではないかと思います。

今日は経済指標などもないので、市場の中心は人民元がらみになりそうです。 思わぬ値動きに対する警戒は一様しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

人民元切り上げとドル・円相場。 - 2010.06.20 Sun

今日は人民元について少し書いてみます。

19日に中国人民銀行が「人民元相場の弾力性を高める」との方針を発表しました。 中国は08年度から為替市場で人民元売りドル買い介入を行なっていて、事実上のドルペッグ制となっていました。

ただ、中国の輸出増は拡大し、最大輸入国である米国からは貿易不均衡との批判が高まっていました。 米国議会からは人民元是正との度重なる意見も出ていて、レビン米下院歳入委員長などは先日「人民元に関する米国と国際社会の我慢は限界」「中国が行動せず、米国も動かないなら、議会が迅速に対応していく」と圧力を強めていました。

中国の5月貿易収支は195億3300万ドルの黒字で、前月の16億8100万ドルから大幅増となっています。 26日にはG20サミットが開かれるので、中国は自国に対する矛先をかわす意味もこめて、今回の人民元改正の発表を行なった模様です。

さて問題は、為替市場にどの程度影響があるかどうかです。 前回人民元切り上げを行なった05年は人民元高に釣られて円も高く(円高)になりました。 なので、今回もまずは円高に釣られるのではないかと思います。

ただ、05年もそれほど円高圧力は続きませんでしたし、今回の人民元切り上げは小幅に再開されるとの見方が多いので、円高は短期間に終わるのではないかという気がしています。

ドル・円も一時90円を割る場面もあるかと思いますが、ショートカバーによる反発も出るかと思い、それほどの影響は今のところでないのではないかと思います。

ただ、ショートカバーに厚みがなければ、テクニカル的にも下げの形になるので、急落の可能性が大きくなります。 80円台前半への下げも十分ありえるので、週明けの動きには注意しておいて下さい。


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円は転換期を迎えているのか! - 2010.06.18 Fri

今日はドル・円の今後の展望をテクニカル面から見てみたいと思います。

ドル・円の最近の値動きは、概ね91円~92円での狭いレンジ相場になっていて、他通貨に比べると動きがない状況となっています。

そのせいか、テクニカルも収斂されてきていて、攻防ラインとなる節目が集まってきています。

(日足での攻防ライン)
21日移動平均線:91円18銭

200日移動平均線:90円90銭

一目均衡表の雲の上限と下限:91円41銭

一目均衡表の基準線:91円02銭

一目均衡表の転換線:91円31銭

90円90銭~91円41銭と、わずか51銭の値幅にこれだけの節目が集まっています。 次は週足も見てみます。

(週足の攻防ライン)
21週移動平均線:91円47銭

一目均衡表の基準線と転換線:91円41銭

こちらも日足の節目とほぼ変わらずの位置に節目が固まっています。

チャートを見てて、一つ目が行ったのは、日足の雲に厚みがないことです。 更に厚みがない状態が今後1ヶ月以上も続いています。 ここから何が読み取れるのか。

これだけ節目が集まっていれば、近いうちにどちらか抜けたほうに大きく動くという感じですが、意外ともみ合いの動きは続くのかもしれません。

ただ、91円~92円での狭いもみ合いは近いうちに終了するかと思います。 今は週足の一目均衡表の雲の中に入っているのですが、その雲を見てみますと、この先しばらく90円~93円で推移しています。 なので、もみ合うとしたら、その範囲になるかと思います。

もちろん、ここから大きなトレンド相場になることも十分考えられるので(その際は90円と93円が攻防ライン)、複数のシナリオを用意してトレードに望んで下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ  

ポンド・円の攻防ライン! - 2010.06.17 Thu

今日はポンド・円を見てみたいと思います。

ポンド・円の4時間足チャートを見てみますと、6月15日の高値135円91銭と、6月16日の高値135円96銭を山にした、きれいなダブルトップの形が見て取れます。

現時点ではネックラインである安値133円93銭を抜けていないので、ダブルトップ完成とはならず、このままボックスに以降というシナリオもありますので、133円93銭付近は最重要攻防ラインとなっています。

4時間足を見てみますと、21移動平均線を下抜けているので、目先下降バイアスが強まっています。 なので、今のところは下に行く確率がやや高いかと思います。

下抜けると仮定して、その際の下の節目、攻防ラインはと言うと、21日移動平均線(132円69銭)と、6月11日の安値(132円68銭)が同水準にあることから、このラインが意識されるかと思います。

上記の攻防ラインも下抜けた場合は、6月9日の安値130円42銭を試す展開も視野に入りそうです。

現状では、やや下落バイアスが強まっていますが、ここからの上昇ももちろんありえるので、その際はダブルトップの山の高値135円96銭、136円に乗せるかどうかの攻防に注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円、クロス円の今週の値動き! - 2010.06.13 Sun

今日はドル・円、クロス円の今週の値動き予想を書きたいと思います。

為替市場は、ギリシャ問題に端を発する欧州不安から、時間軸が日足から4時間足などの時間足に移ってきています。

日足ではトレンドをつかめないので、4時間足で各通貨を見てみます。

(ドル・円)
先週は概ね91円~92円で推移していて、今もその流れは継続しています。 他の通貨に比べて、個別での材料に乏しく、基本的には今週も91円~92円(ヒゲは+-15銭)での動きになるものと思います。

(ユーロ・円)
先週は概ね118円50銭~110円での推移でしたが、週末に110円を突破しています。 水準は移行していて、今週は110円~111円50銭(ヒゲは+-50銭)での値動きが予想されます。 依然欧州に対する懸念は消えておらず、タイミング一つで上下どちらにも大きく動く可能性を秘めているので、今週も要注意です。

(豪ドル・円)
先週は74円~76円での推移でしたがこちらも週末に76円を突破しています。 今週は76円~78円での動きが予想されますが、注目が欧州から高金利通貨に移行する気配もあり、上下共に意外と動くかもしれません。 ポジションが一つの方向に溜まりやすい傾向があるので、思わぬ値動きに注意しておいて下さい。

(ポンド・円)
ポンド・円は不規則な動きが続き、133円を軸として+-2円での動きに終始しています。 この流れはまだ続くものと思われ、今週は131円~135円での動きが予想されます。

今週も多数の経済指標がありますが、中堅どころが多いので、大きく相場を動かす感じではありません。 今しばらくは通常時での値動きが続くと思いますので、基本、先週の流れを継続する動きになるかと思います!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ  

記事の内容について。 - 2010.06.12 Sat

今日は、記事を書いてて、日々思うことを書いてみたいと思います。

市場の動向やテクニカルポイントなどを主な内容にして、「読んでくれる人の参考になるように」をコンセプトにして記事を書いているのですが、やや分かりづらいのではないかと言う思いがあります。

もともと、自分の考えを整理するために書いているので、読者向けというより自分本位で書いているという前提があるのですが、「読んでくれる人の参考になるように」という意識は持って書いています。

ただ、先入観を与える内容にはしたくなく、なるべく客観的な材料をという思いがあるので、どうしてもあいまいな表現になったり、節目などの材料提起をする内容になります。

読んでくれる人のトレードの時間軸なども違い、簡単な上げ下げの記述は余計な混乱を与えるのではないかということもあり、売買を示唆する書き方はなるべくしないようにしています。

僕が文章を書くのが下手というのが一番の原因だと自己分析しているのですが、もう少し分かりやすい内容、先入観を与えずに方向性を示せる内容に出来ないかなという思いを持っています。

深く考え出すと記事を書く意欲が薄れるので、この思いは一瞬で消え去るのですが、たまーっに思い出します。(笑) まー、物書きで食べてるわけじゃないねんから、気楽にやっていくか!!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ 

豪ドル・円の攻防ポイント! - 2010.06.10 Thu

今日は豪ドル・円について見てみたいと思います。

豪ドル・円は、今日10:30に発表された新規雇用者数が2.69万人増(予想2.0万人増)、失業率が5.2%(予想5.4%)と良好な結果となったことから上昇、堅調な推移となっています。

指標発表後、10分足らずで50銭の値幅を付けるなど、勢いもあり、更なる上値追いを狙える状況になっています。

4時間足チャートを見てみますと、今週に入って3日連続74円で下値を試しており、そこから昨日21移動平均線を抜けてきているので、目先は上昇にバイアスが傾いています。

更なる上昇と仮定した場合の上値の節目、攻防ラインとしては、21日移動平均線(76円92銭)が意識されると思います。 ここをもし抜けれたら、78円までは上昇するものと思われます。

頭打ちから下落のシナリオになった場合の節目、攻防ラインは、4時間足の21移動平均線(75円20銭付近)に注意したいです。 ここを下抜けると、今週下値を試している74円割れを再度試す展開が予想されます。

今日はこの後、20:00から英・BOE政策金利、20:45から欧・ECB政策金利、21:00から欧・トリシェECB総裁会見があります。 大きく動く材料とはならないと思いますが、トリシェECB総裁の会見には注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

今日の相場ポイント!ドル・円はどうなる。 - 2010.06.09 Wed

今日の為替市場は方向感なく上下にもみ合う動きとなっています。

欧州問題もやや新鮮味がなくなり、思惑だけで売買する動きは薄れてきています。

株価を材料にする売買もあくまで短期の材料なので、そろそろ期限切れとなっており、手がかり材料難となっています。

今日は03:00からベージュブックがあり、23:00から行なわれるバーナンキFRB議長の講演と合わせて、動く材料はこの二点になるかと思います。

ドル・円は、昨日の午前・午後の記事に書いたように、下値は90円97銭、90円55銭、90円30銭付近が攻防ラインに、上値は92円付近が攻防ラインとなります。

攻防ラインに阻まれてもみ合いとなるのか、それとも、思わぬニュースからブレイクアウトするのかどうかに注意しながら見ておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

ドル・円はどちらの攻防ラインを抜けるのか! - 2010.06.08 Tue

午後の為替市場は、行って来いの荒れた相場となっています。 その中でもポンドの弱気が目立つのですが、特段の材料はない中で売られています。

ドル・円も午前中はプラス圏での推移でしたが、今はマイナスに転じています。

ドル・円の節目は、午前中の記事に書いたように、下値は90円97銭、90円55銭、90円30銭付近が攻防ラインに、上値は92円付近が攻防ラインとなります。

今日は一度、上値を試していますが、92円で防がれています。 NY時間も不規則な動きが予想されるので、上下共に攻防ラインに気をつけておいて下さい!


=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
  

ドル・円はどちらに動くのか! - 2010.06.08 Tue

今日の午前中の為替市場は比較的堅調に推移しています。

日経平均も寄り付きこそマイナスでしたが、下げ幅を縮小し、プラスに転じているので、為替市場にとっても好材料となっています。

チャートを見てみますと、ドル・円の日足チャートでは21日移動平均線(91円41銭)上で推移していて、どちらにも動く状態になっています。

4時間足を見てみますと、6月4日に21移動平均線を下抜け、昨日は上値の節目となり頭を押さえられていることから、下向きの流れになっていることが分かります。

基本路線としてはやはりまだ売りで、その際の下値の節目としては、6月7日の安値90円97銭、6月1日の安値90円55銭、5月20日と5月25日の安値を結んだトレンドライン(90円30銭付近)が機能するかと思います。

もう一つのシナリオとして、欧米株式が上昇、ショートカバーから上げるという展開も考えられるので、その際の上値の節目としては、4時間足の21移動平均線(92円付近)に注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円、クロス円はどこで下げ止まるのか。 - 2010.06.07 Mon

今日の午前中の為替市場は、先週末の流れを引き継いで、リスク回避の動きが活発化しています。

朝方のオセアニア市場では落ちついた動きでスタートしたのですが、東京勢が参入し始めだしてからは売りの動きとなり、その動きは持続中です。

最初はユーロ安から始まり、ユーロ全面安となったのですが、その流れは今円に移行し、円が全面高になっています。

ドル・円は91円05銭、ユーロ・円は108円18銭、ポンド・円は131円13銭、豪ドル・円は73円79銭の安値を付け、今も安値権で推移しています。

日経平均もNYダウの大幅下落や円高を受けて400円近い下げを見せています。 最近の為替は株式市場に感化されやすくなっていますので、気になるところです。

日経平均がどこで下げ止まり、どれだけ下げ幅を縮小するかによって、為替市場の雰囲気も変わってきますので、日経平均にも注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
 

昨日の振り返りと来週のドル・円について。 - 2010.06.05 Sat

今日は昨日の米・雇用統計と、週明けのドル・円の注目ポイントを書いてみます。

昨日の米・雇用統計は、結果こそ非農業部門雇用者数が43.1万人増でしたが、注目されていた民間部門が4.1万人増と大幅に低い数値になったことが嫌気されています。

この結果にあおられて、為替市場は下落、NYダウも-323.31ドルと大幅に下げて引けています。

ドル・円も大きく下げて、91円42銭の安値を付けました。 引け間際にいくぶん値幅を取り戻していますが、小幅に留まっています。

ここからの動向が気になるところなんですが、4時間足チャートを見てみますと、5月25日に付けた安値89円26銭と6月1日に付けた安値90円55銭を結ぶトレンドライン(金曜日現在91円40銭付近)の真上に位置しています。

まずはこのラインが死守されるかどうかが第一のポイントになります。

このラインを抜けると次に注目されるのが6月1日の直近安値90円55銭となり、ここを抜けると5月20日から続いた上昇トレンドは一旦終了となるかと思います。

その次に注目される節目としては、上昇トレンドの基点となった5月20日の安値88円94銭と5月25日の安値89円26銭と結んだトレンドライン(金曜日現在90円15銭付近)になります。 ここを抜けると再びの90円割れも視野に入ってきそうです。

フィヨン仏首相によるユーロ安歓迎発言や、ハンガリーのデフォルト懸念など、欧州を取り巻く様々な懸念、米・雇用統計の伸び率鈍化、それに伴うNYダウの大幅下落など、下落材料には事欠きません。

週明けの為替市場も、ショートカバーからの上げは期待できますが、基本は上値の重い展開が予想されそうです。 来週も神経を使わされる相場になりそうです。


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓      ↓      ↓
為替ブログランキング人気ブログランキングへ

=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
 

ドルから見るドル・円! - 2010.06.04 Fri

今日はドルの動きから、ドル・円の動きを考えてみたいと思います。

ユーロ・ドルの日足チャートを見てみますと、MACDは5月19日に底打ちし、0ラインも上抜けて上昇を示していますが、実際の値動きは、6月1日にわずかながら下値を更新しています。

俗に言うダイバージェンスを見て取る事ができ、状況しだいでは上昇(ドル売り)に転換する可能性が出てきています。

ドル・円の方を見てみますと、5月20日に底を打ってからは、キレイなV字回復となっています。 高値を8回更新しているのでやや高値感はありますが、勢いは衰えていません。

ドル・円は今年に入って概ね4円程度のボックスの動きとなっており、3月中頃からは90円~94円の値幅で推移しているので、上値余地もまだあります。

ただ、一つ気がかりなのは、週足の一目・雲の上限が93円12銭に控えていることです。 今年に入って何度も雲抜けにチャレンジはしていますが、今だ明確に抜けきれておらず、今回も上値を押さえるのは必至かと思います。

今日はこの後21:30から米・雇用統計があります。 非農業部門雇用者数はバイデン副大統領が発言したように大幅なプラスは確実で、すでに織り込まれていますが、中身しだいでは相場を大きく動かしそうです。

今回の非農業部門雇用者数は、国勢調査に絡む雇用が大幅に伸び、民間部門の伸びは前回と同等か、やや下回ると見られています。 民間部門の伸び率が予想より伸びていればドル買いが、予想より大幅に悪ければ雇用者数全体が伸びていても景気回復期待の後退からドル売りが予想されそうです。

雇用統計しだいというところはありますが、今の状況は、勢いは十分あるが、頭打ちからのポジション巻き返しの売りに注意といったところかと思います!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ユーロ・円の状況とテクニカルポイント! - 2010.06.03 Thu

今日はユーロ・円について書いてみます。

ユーロ・円はここ2週間ほど、概ね110円~114円で推移していて、今現在(17:30)は113円90銭付近での値動きとなっており、一つの高値圏に来ています。

基本的なシナリオとしては、トレンドは続くと捉えて、売りを考えたいところですが、市場はリスク選好の動きが強まってきているので、うかつな売りはやや危険かと思います。

4時間足チャートを見てみますと、MACDは0ラインを超えているし、21移動平均線も上向き、一目均衡表も雲を上抜けているので、目先はトレンド継続になっています。

ただ、気になる点が二点あり、一つは4時間足の一目均衡表・遅行スパンが雲の上限(114円04銭)に頭を押さえられていることと、日足の21日移動平均線が113円76銭にあることです。

114円付近はそれなりに重い節目として機能しているようなので、ここからの動きは少し複雑化してきそうです。

ファンダメンタルズ的には、菅副総理(円安容認派)が総理大臣に就任することが濃厚になってきているので、円売りがしやすくなっていますが、昨日大幅上昇したNYダウが続伸となるのか、反落となるかで為替市場も雰囲気が変わり、何とも言えない状況です。

21:15には米・ADP全国雇用者数が、23:00には米・ISM非製造業景況指数などもあります。 状況に合わせてのトレードが続きそうなので、今日も神経を使う相場になりそうです!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。