2010-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル・円の今後はどうなる!? - 2010.07.31 Sat

昨日の為替市場は、不安定な相場の中、弱い米・第2四半期GDP(予想+2.6%、結果+2.4%)の結果を受けて、リスク回避の動きが活発化し、ドル・円は8ヶ月ぶりの86円割れの85円94銭の安値を付けました。

その後、米・シカゴ購買部協会景気指数や、ミシガン大学消費者信頼感指数などが予想より良い結果になった事からリバウンド局面になりましたが、上値は重く引けています。

ドル・円のチャートを見てみますと、週足・日足・4時間足、どれを見ても弱気となっています。 下を見ても攻防ライン(節目)らしいものは2009年11月23日の安値84円78銭しかなく、底堅いとは言いにくいです。

今後、84円78銭の安値を明確に下抜ける局面が現れた場合は、一目均衡表の*V計算値で計った78円60銭までの下げも十分にありえるかと思います。

悲観的なことばかり言ってもあれなので、明るい材料を見てみると、現時点でチャート的に支えになる事柄としては、日足のMACDがダイバージェンスを起こしていることです。

日足のMACDは7月7日に底を打っていて、動きは鈍いですが上昇しています。 週足の21週移動平均線乖離率もかなりの広がりを見せているので、下げ止まる動きが出てもおかしくありません。

今の見方として、上昇するにはファンダメンタルズや外的要因の材料が出ないことにはかなり厳しい局面ですが、ファンド勢なども売り込むには難しい相場かと思います。

現時点では売りを基本路線に考える局面ですが、流動的な相場展開はしばらく続くかと思います。 

週明けからは8月相場が始まります。 新たなポジション取りも出てきますので、値動きに注意しながら相場の流れにうまいこと乗っていって下さい!

*(V計算値は2002年1月の高値135円14銭と、2005年1月の安値101円68銭と、2007年6月の高値124円76銭で算出しています)


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

ドル・円は急落するのか。 - 2010.07.30 Fri

今日の午前中の為替市場は、昨日のリスク回避モードを引き継いで、軟調に推移しています。

ドル・円の4時間足を見てみますと、昨日の欧州時間で7月26日の安値86円82銭を下抜けていて、弱気となっています。 MACDも0ラインを下抜けしているので、目先のトレンドは良くありません。

そもそも、週足で見る中期的なトレンドは、はっきり弱気となっているので、目先のこの動きは現時点では要注意となっています。

直近の下値の節目、攻防ラインとしては、7月16日の安値86円27銭と、7月22日の安値86円34銭が上げられます。 共にすぐそこまで迫っていて、下値余地は余りありません。

上記の攻防ラインを下抜ければ、ストップロスの売りも弾みをつけ、大きく下げる可能性が高まります。 2009年11月23日に付けた安値84円78銭を下回る下げもあながち現実味がない話ではなさそうです。

2~3日前までは上値が重いリバウンド局面と捉えていたのですが、少し雰囲気が変わってきた感があります。 上記のシナリオはあまり起こってほしくないのですが、可能性がやや高まってきているので、注意はしておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円の相場ポイント! - 2010.07.27 Tue

今日の為替市場は、欧州勢が参入しだした15:00過ぎから欧州通貨買いが活発化し、その流れはドル・円、クロス円にも波及しています。

ドル・円も87円台を回復し、87円45銭の高値を付けています。

ただ、昨日も21日移動平均線(下向き)に頭を押さえられて反落しており、目先の勢いは長続きしていません。

その21日移動平均線の推移を見てみますと、26日は87円81銭、今日27日は87円72銭となっています。 推移を見ると、週末には約87円45銭ほどと予測できそうです。

21日移動平均線を越えないことには、上への視界は開けないので、まず第一に注意しておきたいポイントになります。

4時間足を見てみますと、昨日87円51銭の高値を付けてから反落していますが、7月23日に付けた安値は下抜けていません。 なので、目先の上昇トレンドは以前キープしているかと思います。

今はまだ戻り売りの範疇は抜けきれていないので、深追いは禁物かと思います。 21日移動平均線の位置を意識しながら、トレンドの継続や転換を見極めてください!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

今週のドル・円の見立てはこうです! - 2010.07.26 Mon

今日の為替市場は、真偽は不確かですが週末のストレステストを無事に乗り越えた事からのリスク選好ムードを引き継いで、朝から堅調に推移しています。

ドル・円は87円65銭の高値を付けていて、7月21日に付けた高値87円59銭を超える新高値を付けています。

4時間足チャートを見てみますと、MACDは0ラインを超えてきているし、21移動平均線も上向いてきています。 なので、目先は上昇バイアスが高まってきています。

今現在4時間足の21移動平均線は87円10銭となっていますが、今週のポイントとしては、21移動平均線を押しとした上昇トレンドがしっかり作られるのかどうかに注目したいです。

上昇した場合の節目、攻防ラインは以下になります。
88円88銭(日足の一目・基準線)

87円84銭(日足の21日移動平均線)(下向き)

87円69銭(日足の一目・転換線)

週足で見る中期的なトレンドは以前下向きですので、今は戻しの範疇を抜けきれていません。 なので、上げても88円後半までかと思います。

ストレステストがらみで急落の目もあり下落にも一応の注意が必要で、4時間足の21移動平均線を下抜けた場合は、7月22日の安値86円34銭を死守できるかどうかに注目しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ヤフーはやっぱり影響力がありますね! - 2010.07.25 Sun

今日はちょっとした脱線話を書きます。

昨日、ブログのアクセスがやけに増えていて、ちょっとビックリしました。 

なぜかと思って理由を調べてみたら、ストレステストに関するヤフーニュースのヘッドラインの記事に、このブログで書いたストレステストの記事が参考としてリンクされていました。

ヘッドラインのバックナンバーです。 

参考としてのリンクには、ロイターや新聞社など専門の情報記事がよく採用されているので、なぜこのブログの記事が使われたのか分からないのですが、嬉しいですね!

今後もバシバシ使ってもらっていいので、ヤフーさんお願いしますね。(笑)


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ

ストレステストの結果にどう反応するのか。 - 2010.07.23 Fri

今日の午前中の為替市場は、もみ合いながらもやや弱気となっています。 ドル・円も、再び87円を割れてきています。

ドル・円は週初めからもみ合い相場に移行していて、今現在は86円90銭台にある4時間足の21移動平均線を軸として、±60銭での値動きとなっています。

週足で見る中期的な値動きは下向きですが、目先の力関係は上4:下6といったところかと思います。 

今日は25:00から欧州主要国に対するストレステストの結果発表があります。 予想では、ドイツとアイルランドとスペインとポルトガルが1~2行程度の失格が出るのではないかと言われています。

それ以外の国はすべて合格との見立てです。 結果どおりの内容ならば、市場には大きな混乱は起こらないこと思います。

ただ、欧州への不信感は根強く、ストレステストの真偽も不透明ですので、結果どおりだとしてもしばらくの間は下落リスクを内包した相場になりそうです。

疑心暗鬼から思わぬうわさ話にも反応しかねないので、突発的な動きには常に注意を払っておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

続、ドル・円はどこまで下げるのか。 - 2010.07.17 Sat

先ほど書いたドル・円に関する記事の補足を書きます。

ドル・円に対する見方は、先ほどの記事を参考にしていただくとして、今回はドル・円のもう一つのポイントを書いてみたいと思います。

今週のドル・円は週後半に急落しましたが、やや下げすぎの感もあり本年度の底値圏でもあるので、来週は目先ショートカバーの動きも予想されます。

その際の節目、攻防ラインとしては以下が挙げられます。

◆上値の節目、攻防ライン◆
88円(何度となくレジスタンスやサポートとなる)

87円86銭(4時間足21移動平均線)

87円69銭(4時間足一目・基準線)

87円29銭(4時間足一目・転換線)

87円(7月1日と7月7日の安値)

一つ注意しなければならない点は21移動平均線です。 今は下向きとなっており、時間と共に下がってくるので、その点には注意しておいて下さい。

大きな流れは下向きなので、上のどこかで戻しの動きになる公算は今のところ大きいかと思います。 88円06銭に4時間足の一目雲の下限もあるので、上げても88円までかと考えています。

蓋を空けてみないと分からないところはあるのですが、予測を立てることは重要です。 なので、複数のシナリオを用意してのぞむようにして下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円はどこまで下げるのか。 - 2010.07.17 Sat

今日はドル・円の状況について少し書いてみます。

ドル・円は週明けから何度も88円割れを試していましたが、週前半は耐えていました。 ただ、木曜日に88円を割り込むと、ストップロス+下値追いの動きから下げが加速し、金曜日には86円27銭の安値を付けています。

チャートを見ると、日足・週足共に良くありません。 特に週足を見ると、MACDは0ライン、一目均衡表は雲を下抜けていて、明確に弱気となっています。

ここから下はあまり節目がなく、2009年11月27日に付けた安値84円78銭が唯一注目される節目となります。

2009年11月27日の安値は、ドバイワールドの資金繰り危機が表面化、いわゆるドバイショックから瞬間的に下げたのですが、その後は急反発し、終値は86円59銭と小幅のプラスで引けています。

瞬間的な下げを除けば、今の水準は底値圏ということになります。 

今回の下げはリスク回避からの円買いもありますが、比率で見れば、米国の景気回復減速からのドル売りの方が大きいです。 

米国の二番底懸念はもちろんありますが、このままドルが売り続けられるとも考えづらいです。 なので、ドル・円も近いうちに下げ止まるかとは思っています。 ただ、チャート的には売りを考えたいところなので、戦略的には売りだと考えています。

ドル・円と相関関係がある米国・10年国債金利も21日移動平均線が抵抗体となり、再び3.000を割り込んでいます。 どこまで下げるか、いつ反発があるか見えにくいですが、まずは下方向を見ておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円の相場状況。 - 2010.07.13 Tue

今日の為替市場は、やや上げ下げが目立つ、不安定な動きとなっています。 ドル・円も、88円台後半での上げ下げに終始しています。

ドル・円は昨日、民主党の大敗を受けて東京市場では円売りからの上昇となりましたが、調整からの上値の重たさは解消されず、上げ幅を縮小する形で引けました。

今日もその流れを受けて、上値の重い展開が予想されます。 

4時間足チャートを見てみますと、昨日・今日と21移動平均線で押しを作っています。 まずは、21移動平均線(15:45現在88円57銭)をキープできるかが焦点となりそうです。

僕自身の考えでは、4時間足のMACDが高値圏にあるので、一旦は21移動平均線を割るかと思っているのですが、日足のMACDはシグナルラインを超えてきていて上昇バイアスを感じられるので、下げても88円手前で反発するのではないかと思っています。

ドル・円と相関関係のある米・10年国債金利を見てみますと、3営業日前に再び3.000台に戻ってきています。 昨日は3.062の高値を付けていますが、21日移動平均線が3.088と目前にあり、ここからもドル・円の上値の重たさが見受けられます。

何か材料が出ればポンと大きく上昇しそうですが、平穏に進めば、あと1~3日は上値の重たさから下げる展開になると思っています。 ジリジリした展開が続きそうですね。


=フォレックス・トレード= 
ドル円/原則0.8銭固定\iPhone専用アプリが大人気/
 

ドル・円はこのまま勢いに乗れるのか! - 2010.07.12 Mon

今日の為替市場は、ドル・円、クロス円共に、堅調に推移しています。

参議院戦で民主党が大敗したことを受けて、政局の不透明感が増したことから、円売りが出ている模様です。

ドル・円の時間足を見てみますと、今のところ太陽線となっています。 僕自身は、今日明日は上値の重い展開となってから押しを作って上昇と見ていたのですが、少し展開が変わってきています。

日足チャートを見てみますと、MACDがシグナルラインを上抜けており、上昇バイアスが高まってきています。 参院選の影響は東京市場に色濃く現れるのでドル・円の情勢はまだ流動的ですが、チャートの後押しもあるので、まずは上方向に注目したいです。

上値の節目としては、21日移動平均線が89円40銭(今日現在)にあり、これを上抜いていけるのかが最初のポイントになるかと思います。 21日移動平均線を上抜けても、*フィボナッチの0.382が90円03銭にあり、上昇には大きな力が必要になりそうです。

下値としては、5月20の安値88円94銭がレジスタンスとなっていて、今はそれを上抜けていますので、まずは88円94銭が目先のサポートラインとして意識されると思います。

*(フィボナッチは5月5日の高値94円99円~7月1日の安値86円96銭で算出しています。)


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円の相場予想!! - 2010.07.08 Thu

今日は朝から、ドル・円、クロス円共に好調で、ドル・円は88円台乗せを成功しています。

10:30に発表された、豪・雇用統計が好調だったことを受けて、リスク選好の流れになっています。

ドル・円も88円48銭の高値を付けていて、依然高値権で推移しています。

そのドル・円の4時間足チャートを見てみますと、21移動平均線を太陽線を付けて上抜けし、移動平均線のクロスオーバーも見て取れるので、目先、弱気相場から転換してきています。

ここからの大きな上昇はやや難しそうですが、底固めは達成したのではないかと見ています。

5月20日の安値が88円94銭にあり、ここが一つの上値の節目となるので、上昇しても一度はここで足踏みを余儀なくされそうです。

下値のポイントとしては、4時間足の21移動平均線(15:50現在87円69銭)で押しが作れるかどうかです。 ここでの押しがなければ、もみ合い相場に移行しそうです。

ただ、もみ合い相場に移行(下落)しても、昨日付けた安値97円02銭はキープされると見ているので、タイミングを見ての買いも面白いかもしれません!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

ドル・円は反発相場になるのか。 - 2010.07.05 Mon

今日の為替市場は、朝から動きがなく、小幅に推移しています。 ドル・円も、87円後半での動きに終始しています。

そのドル・円の4時間足チャートを見てみますと、21移動平均線が頭を押さえる形となり、22日から一度も上に抜けていません。

ただ、4時間足チャートのMACDを見てみますと、角度良く上向いてきているので、目先上昇の可能性が出てきています。 21移動平均線が今現在88円02銭にあり、まずはここを上抜けるかがポイントです。

上抜けた後は、21移動平均線を足がかりにして、更なる上昇が出来るかがポイントになりそうです。

前回の記事で書いた米国10年国債の金利は、ドル・円が86円96銭の安値を付けた7月1日に、2.879の安値を付けています。 7月1日のドル・円の急落は多分に10年国債金利の下落によるところもありそうです。

その10年国債金利も、やや急ぎ足で下げてきているので、反発も考えられます。 3.000が一つの目処で、ここを超えて、5月25日に付けた安値3.060を超えれれば、大きく上昇するかと思います。

今日は米国が独立記念日の振替休日でお休みですので、このまま小幅での動きが予想されます。 ただ、薄商いの中での仕掛けの動きには一様注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。