2017-07

人民元切り上げとドル・円相場。 - 2010.06.20 Sun

今日は人民元について少し書いてみます。

19日に中国人民銀行が「人民元相場の弾力性を高める」との方針を発表しました。 中国は08年度から為替市場で人民元売りドル買い介入を行なっていて、事実上のドルペッグ制となっていました。

ただ、中国の輸出増は拡大し、最大輸入国である米国からは貿易不均衡との批判が高まっていました。 米国議会からは人民元是正との度重なる意見も出ていて、レビン米下院歳入委員長などは先日「人民元に関する米国と国際社会の我慢は限界」「中国が行動せず、米国も動かないなら、議会が迅速に対応していく」と圧力を強めていました。

中国の5月貿易収支は195億3300万ドルの黒字で、前月の16億8100万ドルから大幅増となっています。 26日にはG20サミットが開かれるので、中国は自国に対する矛先をかわす意味もこめて、今回の人民元改正の発表を行なった模様です。

さて問題は、為替市場にどの程度影響があるかどうかです。 前回人民元切り上げを行なった05年は人民元高に釣られて円も高く(円高)になりました。 なので、今回もまずは円高に釣られるのではないかと思います。

ただ、05年もそれほど円高圧力は続きませんでしたし、今回の人民元切り上げは小幅に再開されるとの見方が多いので、円高は短期間に終わるのではないかという気がしています。

ドル・円も一時90円を割る場面もあるかと思いますが、ショートカバーによる反発も出るかと思い、それほどの影響は今のところでないのではないかと思います。

ただ、ショートカバーに厚みがなければ、テクニカル的にも下げの形になるので、急落の可能性が大きくなります。 80円台前半への下げも十分ありえるので、週明けの動きには注意しておいて下さい。


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
為替ブログランキング

人気ブログランキングへ 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1070-fd6571f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人民元とドル・円のレンジ。 «  | BLOG TOP |  » ドル・円は転換期を迎えているのか!

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi