2017-07

ドル・円の今週の注意ポイント。 - 2010.08.15 Sun

今日はドル・円を見てみたいと思います。

まずは4時間足を見てみますと、MACDが数日前から緩やかなダイバージェンスとなっていましたが、木曜日には21移動平均線を太陽線で上抜き、金曜日は21移動平均線で押しを付けて上昇しています。 MACDも0ラインを上抜けているので、気配としては上昇トレンドとなっています。

次に日足を見てみますと、8月11日(水)に安値を付けて切り返してきていますが、下降している21日移動平均線を上値抵抗線とした戻り相場は依然として続いています。 こちらもMACDが緩やかなダイバージェンスとなっていますが、現時点では弱気相場からは抜けきれていません。

ドル・円と相関関係にある米国と日本の国債金利を見てみますと、米・10年債金利は金曜日にわずかながら安値を更新(金曜日安値2.671%)、日・10年債金利もわずかに安値を更新して、1.000%を割り込み0.989%を付けています。 ただ、米・2年債金利は水曜日の安値0.489%は下抜けていません。 

上記を総合的に判断すると、上昇トレンドにはまだ遠いですが、底打ちの可能性は十分にあるのではないかと思います。 IMMのドル・円ショートポジションも5万枚以上と膨れてきているので、売り込むのもやや勇気がいりそうです。

先週流れたニュースによると、菅首相が白川日銀総裁との会談を予定しているようです。 日程はまだ未定ですが、今週中には行なわれる見通しとなっています。 内容がどうであれ、報道後はドル・円を大きく揺さぶる可能性が高そうですので、注意しておいて下さい。 

ドル・円のテクニカルでの攻防ライン(節目)としては、下値は4時間足の21移動平均線85円64銭が、上値は日足の21日移動平均線86円50銭(下向き)、日足の一目・基準線86円94銭が重要になるかと思います。 まずは4時間足の21移動平均線をキープ出来るかどうかを見ておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

日本株、先物オプション、FX(くりっく365)等、業界最低水準の手数料

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1093-5588eccd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドル・円と米・日の国債金利との相関関係。 «  | BLOG TOP |  » FOMCの結果と、ドル・円と中長期金利の関係について。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi