2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

円高騒動はどこまで続くのか。 - 2010.08.25 Wed

昨日の為替相場は、17:00過ぎの野田財務省の従来と変わらぬ発言の緊急会見を受けて円買いが加速、NY勢が参入しだした21:00過ぎには84円を切る動きとなりました。

クロス円も軒並み下げて、ユーロ・円は105円45銭、ポンド・円は128円80銭の安値を付けています。

26:00過ぎに一部メディアからの「日銀が緊急の追加金融緩和策を検討」、「財務省が単独介入を検討」という報道があり、その後はショートカバーが優勢となっていてその流れは今も継続中です。

昨日は、日本政府や日銀の動かない態度を見ての投機筋の催促売りが出ましたが、これはあくまで様子見の仕掛けかと思います。 去年の11月のドバイショックの時はもっと早く何度も催促売りが出ていました。

去年と今では様々な状況(ファンダメンタルズやショートポジション残量・金利水準等々)が違い、ヘッジファンドなどの投機筋も売り仕掛けは仕掛けずらい状況となっています。

市場は落ち(値ごろ・日柄・出来事)がないと次にはいけないので、日銀や日本政府は何らかの対策を打たされることになり、その後しばらくして円高騒動は治まると思っています。

市場は気長ではないので、一旦落ちがつくとその材料は忘れられ、別の材料探し始めます。 なので、円高騒動は持ってあと2週間(9月6日~7日に日銀金融政策決定会合)かと思います。


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

日本株、先物オプション、FX(くりっく365)等、業界最低水準の手数料  

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1096-95f7fdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

為替介入は本当に行なわれるのか。 «  | BLOG TOP |  » 日・米の国債金利からドル・円を読み解く。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。