2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の注目事項。FOMCで再び波乱は起こるのか。 - 2010.09.18 Sat

来週の注目材料と言えば、なんといっても21日(火)の27:15に発表されるFOMC(米連邦公開市場委員会)になります。

市場では国債買い取り拡充などの量的緩和の再開がいつ行なわれるのかに注目が集まっています。

ゴールドマン・サックスなどは年内に再開との予想を、バンク・オブ・アメリカなどは1.75%(10年国債)の過去最低水準までの金利低下を予想しています。

多分にポジショントークが含まれていると思い、まるまる信用することは出来ませんが、量的緩和の再開がいずれ行なわれるというのが、市場のコンセンサスになってきています。

そうゆう状況の中、行なわれるFOMCですので、注目度が集まってきています。 ただ、今回のFOMCでなんらかの変化は、出ないのではないかと思います。 最近の米・経済指標は強弱まちまちとなっており、経済の一段の悪化を示すとは言えないので、現状維持の内容になると思っています。

米・10年債金利を見てみますと、8月25日に2.415%の安値を付けてからは底堅く推移しています。 米・二年債金利が再び弱気となってきているのが気がかりですが、日本が介入で得たドル資金を短期の国債で運用するのではないかとの思惑買い(金利低下)もあったようです。

米・2年債金利だけを見ると、最安値を更新し更なる下げを見せる雰囲気となっているのが気になるところですが、今回のFOMCでなにも変化がなければ、長期金利は上昇するかと思います。

量的緩和の思惑も一旦遠のくので、リスク選好からのドル売り・円売りも出やすくなるかと思います。 ドル・円も一旦は85円を割るものと思っていましたが、85円を割らずに更なる上昇という動きもありえるかと思います!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

FXプライム←自分の取引から勝ちパターンが分析できるのが嬉しいです! 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1106-c6fbe927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドル・円、今日の注意ポイント。 «  | BLOG TOP |  » ドル・円の今後の動きについて。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。