2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀の金融政策の効果はいかに。 - 2010.10.06 Wed

昨日、日銀はサプライズの金融緩和を行ない、内容的にも十分満足のいく内容となっていましたが、為替市場では今のところそれほどの評価はありません。

多分に、米国と比べて資産買い取り規模が小さいことが問題視されているかと思います。 ただ、今回の日銀の資産買い取りはETFやJ-REITも対象に入っており、内容的には日銀の方が優れています。

ETFやJ-REITの買い取り金額予定は5000億円~1兆円となっており、確かに規模が小さいのは否めませんが、白川総裁も買い取り拡大も視野に入れた発言をしており、内容的には米国の一歩先を行くものとなっています。

介入に関しては、昨日、米財務省の高官が「先進国はファンダメンタルズに基づく為替レートを支持すべきという米国の立場は一貫している」との発言があり、ますます介入がしにくくなっています。

しかし一方で、ノーベル経済学賞受賞のスティグリッツ氏は「日本やブラジルが行なった最近の自国通貨高抑制の動きは必要だったと考えている。これらの国が通貨高で輸出を崩壊させるわけにはいかないと言うのは自然なことだ」と述べており、介入はある意味仕方がないことと捉えています。

スティグリッツ氏は米国や欧州が大規模な追加緩和からの流動性過多を批判しており、金融政策から財政政策への転換を提唱しています。

ジョージ・ソロス氏も「欧州や米国にとって財政引き締め策ではなく、追加的な財政刺激策を講じることが危機から脱する方法だ」と述べており、こちらも積極財政を提唱しています。

今回の日銀による金融政策は、リスク資産の買い取りが織り込まれており、積極財政的な側面も持ち合わせているので、中央銀行の実務としては範囲ぎりぎりに近いところまで頑張っているものと思います。

問題は、規模の拡大や金融政策の実施がスムーズに行なわれるかですが、そこさえ間違わなければ、次第に市場の評価は高まっていくものと思います。 ここで、政府による明確の通貨政策の意思表明ができれば、これ以上の円高は阻止できるのですが.....


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

FXプライム←自分の取引から勝ちパターンが分析できるのが嬉しいです! 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1115-739021fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドル・円はどこまで下がるのか。 «  | BLOG TOP |  » 日銀のサプライズはドル・円をどこまで押し上げるのか。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。