2017-08

ドル・円はどこまで下がるのか。 - 2010.10.12 Tue

今週月曜日に下に窓を空けて寄り付いたドル・円は、今日も弱気のもみ合いとなり、82円割れ近辺での推移となっています。

米追加緩和憶測からのドル安はやや静かになりましたが、その流れは依然大きく残っています。 やや静かになった原因としては、11日に行なわれたイエレンFRB副議長の講演にありそうです。

イエレンFRB副議長は、先週FRB副議長に就任し(前サンフランシスコ連銀総裁)、11日に全米企業エコノミスト協会(NABE)で講演を行ないました。 その講演のなかで、金融緩和の行き過ぎは過度のリスクをもたらす恐れがあると警告し、過度な引き締めに言及する発言をしています。

イエレンFRB副議長は、従来ハト派で金融緩和には積極的な姿勢を見せていましたので、この発言により過度な追加緩和を織り込む動きは抑えられ、ドルはやや息を吹き返しています。

ただ、次回のFOMCで追加緩和が行なわれる公算は依然大きく、それまでドル安の流れを変える動きは出にくいと思われます。

ドル・円を見てみますと、どの時間軸を見ても弱気となっています。唯一の材料といえば、月足でMACDがダイバージェンスとなっていることぐらいです。

他の好材料も、シカゴの円ロングが再び40000万枚を超えてきて溜まっていることぐらいですので、昨日の安値である81円67銭を下回れば、81円割れをうかがう動きが出てきてもおかしくありません。

後は介入期待だけが唯一のストッパーですが、介入が行なわれても、ショートポジションへの利食いに使われる可能性が大ですので、流れが大きく変わらない現状はまだまだ続きそうですね。


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

クリック証券【くりっく365】←手数料25円キャンペーン中! 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1116-b727ae72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドルはいつまで下げるのか。 «  | BLOG TOP |  » 日銀の金融政策の効果はいかに。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi