2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル買いはどこまで継続するのか。 - 2010.12.08 Wed

今日の為替市場は、昨日のNY時間の流れを引き継ぎ、ドルが強含む展開となっています。

ドルが買われている要因としては、ブッシュ減税の継続を受けての米・10年債利回りの上昇が挙げられます。 最近はドルと米債利回りの相関性は薄れていたのですが、急上昇を見せられ、買い材料とした模様です。

ただ、財政赤字拡大との見方からの悪い金利上昇の一面も少しあるので、素直にドル買いとは傾きにくいところがあります。

米・2年債利回りを見てみますと、ここ2週間ほどは0.450ドル~0.560ドルでもみ合っています。 10年債利回りはインフレを表す指標と言われますが、今回の10年債利回りの上昇は、先日のバーナンキFRB議長の6000億ドルの国債うんぬん発言のやき回しにすぎないかと思います。

ユーロ・ドルを見てみますと、概ね昨日書いたように進んで、戻り売り相場となっています。 時間外取引で米・10年債利回りが3.200%を越す場面もあったので、ドルが買われやすい地合いもあります。 下値の攻防ライン(節目)としては、日足の一目・雲の下限1.3140ドル付近が注目されるので、下げた場合はこのラインに注意しておいて下さい。

ドル・円は昨日、上値の攻防ライン(節目)である日足の一目・雲の上限を上抜けています。 ドルが買われやすい地合いではありますが、84円台には実需の売りが段階的に控えているようなので、上値は軽くはありません。 

ドル・円の攻防ライン(節目)としては、上値は12月1日に付けた高値84円41銭が、下値は上抜けた日足の一目・雲の上限83円10銭が意識されるので、注意して見ておいて下さい!


応援クリックお願いします 
  ↓      ↓
人気ブログランキングへ

為替ブログランキング

【FXをもっと自由にオープンに!】

 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/1142-8e93b48b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドル・円のテクニカル。方向感は出るのか。 «  | BLOG TOP |  » ユーロ・ドルはやはり下げるのか。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。