2017-08

豪ドル・円は堅調を維持できるのか! - 2009.08.01 Sat

昨日は米・第2四半期GDPの1-3月期の大幅下方修正を受けてリスク回避の動きが出てドル・円もクロス円も下げましたが、その後はドル全面安を受けてドルストレートでドル安が進み、クロス円は連れ高になりプラスで終えてます。

IMFの「ドルはやや過剰評価されている」との発言なども意識された模様で、NY時間ではドル安が目立ちました。

豪ドルなどはWTI原油先物が大幅高となり70ドル手前まで上げた事が上昇の後押しをした模様です。

その豪ドル・円なんですが、中国の資源需要などを後押しにし安定した上昇を見せています。 最近は陰りを見せていますが依然堅調です。

ただ、月足を見てみますと、6ヶ月連続の陽線となっています。 6ヶ月連続の陽線は過去15年では二回ありましたが、7ヶ月連続はありません。 そろそろ調整が入ってもおかしくはなさそうです。

日足を見ると7月13日から上昇していて新値を八回付けています。 酒田五法に「新値八手十手は酒田の骨子なり」と言うのがあります。 経験則の話で、新値新値と切ってくる勢いのある相場でも八回ほど切ってきたところでは利食いするのが良いという内容です。

厳密に八回というわけではないのですが、八回から十一回ほどで利食いの押しが入りやすいという経験則です。 なので、目先でも調整が入りやすそうです。

6月11日の80.46円を一つ目の山と見たダブルトップという見方も考えられるので、8月相場は調整の月となる可能性がありそうです。 依然堅調相場となっていますが、下げに対する警戒も持っておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

「メタトレーダー」でFXのシステム取引をするなら≪ODL Japan≫←話題のMT4でシステムトレード!自動売買ならここがオススメ! 

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/799-1287dd6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今週の注目ポイントです! «  | BLOG TOP |  » 米・第2四半期GDPは波乱を起こすのか!

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi