2017-08

短期売買の良いところ悪いところ! - 2009.09.22 Tue

今日は少し趣向を変えて、デイトレやスキャルなどの超短期売買の良いところ悪いところを書いてみたいと思います。

僕自身はあまりやらないんですが、今の個人投資家の主流は短期売買かと思います。 すぐに結果が出ますし、ファンダメンタルズなども考慮しなくていいという特典もあります。 短期売買で儲けたという事例も本などでよく紹介されているのことも流行の一端をになっていると思います。

短期売買の良いところは以下の点になります。

①どういう状況でも収益チャンスがあるところ。

②より多くの経験を積めるところ。

まず①ですが、日足などでは2~3週間ほどぐずぐずともみ合うこともあり収益チャンスがない時もありますが、時間足などではそれなりの波動を描いているのでほぼ収益チャンスを見つけることは可能です。

次は②についてですが、短期売買の本当のメリットはこちらの方になります。 スイングトレードだと1ヶ月に数回のトレードになりますが、超短期売買になりますと1ヶ月に15~50回ほどトレードする事になりより多くの経験を積める事になります。 もちろん明確な売買基準や過去から学ぶ姿勢が必須条件になります。

短期売買の悪いところは以下の点になります。

①ダマシなども多く、一定以上の経験が必要なところ。

②オーバートレードに繋がりやすいところ。

①についてですが、短期的な値動きですのでどうしても不規則な要素が強くなっています。 プロの主戦場という面もあるので複雑な動きをすることもありダマシ的な動きも多々あるので、一定以上の知識と経験が要求されます。

②についてですが、これが一番の弊害かと思います。 動いている相場を見ると収益機会があるように見えつい取引してしまいますが、計画性があまりないトレードは損失に繋がる率が高く、その損失を取り戻そうとますますトレードをしてしまうという悪循環に陥りやすい面が短期売買にはあります。 雑なトレードをしていまう面も無視できないところです。

以上、簡単に短期トレードの良い面悪い面を書いてみましたが、短期トレードは物にしたら強力な武器になるのでチャレンジする価値はあると思います。 取引手法に良い悪いはなく自分との相性がすべてですので、色々な事にチャレンジして自分の手法を完成させていって下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ  

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/851-450f4dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FOMCで相場に波乱は起きるのか! «  | BLOG TOP |  » ドル・円急騰もやや力強さにかけるか!

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi