2017-08

ポンドは指標発表後に動き出すのか! - 2009.11.11 Wed

今日の為替は午前中は下落、午後は上昇と方向感なく推移しています。

昨日のNYダウも今日の日経平均も気迷い相場となっているので、リスク選好の動きもリスク回避の動きも出にくくなっています。

個別通貨を見てみますと、ポンド・円が1時間足で三角持ちあいを上抜けています。 日足を見てみてもここ2週間は上値は変わらず下値を切り上げてきているので、バイアスは上向きになっています。

21日移動平均線も下回らずにきているのも支援材料になっているようです。

気になるのはこれからの動きなんですが、ここ2週間ほど151.60円~151.77円で上値を押さえられています。 この地帯を抜けることが第一の関門となりそうです。

上値の節目となるのは上記のトップ、10月30日の高値151.77円になります。 下落した場合の節目は、下値を支えてる21日移動平均線149.34円と10月7日から引ける上昇トレンドライン147.80円付近となります。

今日はこの後19:30から英・BOE四半期インフレレポートがあります。 前回は2年後のインフレ率を1.4%としていますが、先週あったMPC会合では経済に対する前向きな意見も聞かれたので、今回のインフレレポートではインフレ率の上方修正もありえそうです。

その時は利上げ観測を喚起させることも考えられるので、ポンド買いになりそうです。

いずれにせよポンドは動意付く可能性がありますので、ポンドを取引される方は注意しておいて下さい!

◆今日の注目指標◆
19:30 英・BOE四半期インフレレポート公表


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ

100種類以上のテクニカル分析ならCMS←VTトレーダーが使えるのはCMSだけ!!FXの自動売買に興味があれば要チェック!

「エンジュク投資ブロガーズ」に参加させてもらっています! 

● COMMENT ●

相互リンクのお願いです。

はじめまして。
ポンド円の為替予想「ポンド円FX研究室」
というポンド円に特化した情報サイトを運営しています。

今回は相互リンクのお願いでご連絡いたしました。

すでに貴ブログへのリンクを誠に勝手ながら
当サイトの
http://www.poundyen.jp/blog3.html
に設置させていただいています。

もしよろしければ以下のサイト情報を参考に
相互リンクをお願いいたします。

「サイト名」
ポンド円為替予想
でお願いします。

「URL」
http://www.poundyen.jp/

現在で1日200~300のユニークアクセスが
ありますので少しでもアクセスのお返しができると思います。
また、ご訪問させていただきますので
ぜひよろしくお願い致します。
貴ブログのますますの健筆をお祈り申し上げます。

ポンド円の為替予想「ポンド円FX研究室」
http://www.poundyen.jp/
poundyen2009@yahoo.co.jp

ポンド円為替予想さんへ

相互リンクのご依頼ありがとうございます!
さっそくリンクを貼らせてもらいました。
こちらこそお役に立てれば嬉しいかぎりです!
これからも共に頑張っていきましょう!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/901-5e70bc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ユーロ・円はどちらに抜けるのか! «  | BLOG TOP |  » ユーロ・円と豪ドル・円のポイント!

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi