2017-08

ユーロは反発できるのか。 - 2010.02.04 Thu

今日の為替は動きが少なく、動意の少ない展開が続いています。 ドル・円は小幅でのもみ合い、クロス円はもみ合いから欧州勢参入に伴い小幅に下落という動きになっています。

あまり動きのない相場展開となっていますが、その中でややユーロが売られています。 ギリシャ問題は去年の年末から言われていますが、今だに蒸し返される事が多く、今日も材料視されています。

みなさんは「PIGS」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

去年、ギリシャ問題が騒がれだした時に、格付け機関がユーロ圏で懸念を示した国が他にもありました。 それがポルトガルとイタリアとスペインです。 ギリシャと合わせてその頭文字を取ってPIGS(ピッグス)と言われています。

BRICs(ブリックス)とは反対の意味となり、経済や財政が悪い国として位置づけられています。

ギリシャへの懸念が根強いせいか、ポルトガルやイタリアにも財政に対する懸念の目が飛び火してきています。 これらがユーロにとってくさびとなり、上値の重い展開が続いています。

今日は21:45からECB政策金利が、22:30からはトリシェ総裁の会見があります。 政策金利は据え置き確実なので問題視されませんが、トリシェ総裁の会見には注目が集まります。

ギリシャ問題等々、ユーロ圏の国々の財政問題に対する対応、どのような発言がされるのかが注目ポイントになるかと思います。

ユーロ・ドルなどは7ヶ月ぶりの安値を付けています。 発言内容しだいではショートカバーを伴った反発も考えられますが、従来どおりの発言にとどまれば更なる下落もあるので、注意しておいて下さい!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ  

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/984-513a5d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米・雇用統計後はどちらに動くのか。 «  | BLOG TOP |  » ドル・円はどちらに行きたがっているのか。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi