2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米・雇用統計は良かったのか、悪かったのか。 - 2010.02.06 Sat

昨日の動きを振り返ってみますと、東京時間はショートカバーが出て上昇、欧州時間は米・雇用統計をにらんでもみ合い、という流れで進んでいました。

そして、注目の米・雇用統計をむかえました。 米・雇用統計の結果は、非農業部門雇用者数が-2.0万人(予想+1.5万人)、失業率が9.7%(予想10.0%)となっており、強弱まちまちの内容となりました。

強弱入り混じる内容どおり、指標発表後は為替相場も上下に振れる荒れた動きとなりました。 ドル・円は15分の短い時間で1円の値幅を、クロス円も1円50銭前後の値幅を付けています。

その後は落ちついたものの、強弱の差はあれ、上値の重い展開となりました。

NYダウも米・雇用統計の結果や商品市況の下落を受けて急落の動きとなり、10000ドルを大きく割り込む9835.09ドルの安値を付けました。 ただ、その後は急速に回復し、若干ながらプラスで引けています。

今のところ、米・雇用統計はややマイナスとしてとらえられていますが、僕はそれほど悪い結果ではないと思っています。 その理由は、失業率が改善しているからです。 

FRBは失業率を一番重視しています。 失業率が改善しない限りは利上げなど行なえないので、失業率が改善した今回の米・雇用統計は、出口戦略にほんの少し近づいた内容だと思います。

ただ結果はあまり意味がなく、市場がどのように判断するのかがポイントなので、週明けの株や為替がどのように動くのかが気になるところです。 リスク回避の流れが変わるのかどうかに注目して見ていきたいです!


応援クリックお願いします
    ↓         ↓
にほんブログ村 為替ブログへ   

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxnixtuki.blog115.fc2.com/tb.php/986-a16cc3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

豪ドル・円のファンダメンタルズとテクニカル。 «  | BLOG TOP |  » 米・雇用統計後はどちらに動くのか。

フリーエリア

スポンサーサイト!

マーケット情報(為替)


外国為替相場は Investing.com 日本 によって機能されている。

マーケット情報(株式)

商品先物(海外)


ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp

本日の経済指標!

FX比較 アフィリエイト
本日分の経済指標が表示されるので、土日は表示されません。

最新ニュース!

各国の政策金利!


この金利表の提供はForexpros – FX ポータルサイト

プロフィール!

村井さん

Author:村井さん
性別:男性
年齢:42歳
出身地:大阪府
ブログ開始日:2007年8月1日
2005年に株式投資を始め、現在は、主に為替を専門としています。
為替相場や市場動向など、多角的な視点から、客観的に書いていければと思っています。
少しでも参考になれば嬉しいかぎりです!

おすすめサイト!

参加しています!

フォレックスプロス
FX-BLOG

相互リンク!

相互リンクのご依頼はコメントの方にお願いします!

RSSフィード

免責事項

当ブログでは筆者の相場観などを書いていますが、あくまでも個人的な見解ですので、投資に当たっての最終判断はご自身の責任でお願いします。 なお当ブログの内容等に関しては著作権法で保護されており、私的目的以外での使用や譲渡、転載、コピーなどは認められていません。

月刊アーカイブ!

Plug-in bymaruafi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。